目標を持って資産運用をするのは本当に合理的なのか?

資産運用をするときは、まずもって運用する目的を決めましょう
というのは、マネー本やFP話の常套句です

もっと砕けた表現にすると、貯まったら何に使うかを決めましょう!
ということになるのでしょうか。

でも、これってそんなに重要なことでしょうか?

確かにゴール地点を明確にすることによって、目的達成の意欲
が沸くかもしれませんし、何も考えずに漠然と貯めていくよりは
将来のイメージを掴みやすくなるという可能性は否定できません。
また、ゴールを明確にすることによって、必要以上なリスクを取ら
なくて済むという効用もあるかもしれません。

ただ、それと運用益を上げることとは別の次元の話ですし、そも
そもおカネの価値は変わっていくものであるので、X年後にYのた
めにおカネを使いたいから、Z円貯めるという話は、全ての物価
がまったく変動しないという資本主義社会ではありえない状況で
のみ通用するもので、割引現在価値という考えを完全に無視し
てしまっています。

そんな小さいことを気にせずに、貯められるだけ貯めるという姿
勢が重要。資産を確実に形成しながら、そのあと数ある選択肢
の中から(貯金が増えればできることも増えます)、その場その
場に応じてベストなものをチョイスしていく…という対処のほうが
よほど合理的ではないでしょうか?そしてきちんと働いて、分相
応の生活を心掛ければ、たいそうな目標なんぞ掲げなかったと
しても、きちんと貯まっていくものです。

ということで我が家には、明確な目標資産額というものがありま
せん。老後までに1億円とか…、今からあと30年後の話をしても
どうなんだろ…という感じです。そもそも将来の物価や社会保障
制度なんて絶対に予測できません。

ただ、一応ですが我が家にも2020年までにアッパーマス層を目
指す!という目標はあります。ただこれも根拠は非常に曖昧なも
のですし、アッパーマス層になって何をするのか、何がしたいのか
は全く考えてません(つまり出口戦略はありません)。また相場環
境次第では目標に届かない可能性も考えられますが、それはそ
れで仕方ないと感じています。なので目標というよりも、単なるス
ローガンといった感じです。

目標を持って資産運用をすることは、一般的にはよいことですが、
あまり気にしなくてもいいというレベルなのが私の感想です。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。