図書館で調達するべき本の判断

ID-10063471

最近、図書館を利用することが多くなりました。

私の場合「本は買って読むもの」という意識が強いので、書籍店、
アマゾン、ブックオフ、オークション…と選択肢はいろいろあった
ものの、基本的には購入して読んでいました。

それが最近は図書館の利用が増えてきています。
1番の理由は置く場所がないから…我が家の本棚はパンク寸前
です。定期的に処分はしていますが、どうにも追いつきません。

図書館の本は返してしまえば自宅で保管する必要はないので、
そういう意味で優れてます。しかも今は自宅にいながら在庫を検
索できるので、アマゾンの感覚と変わりません。

ただし、何でも図書館というわけにはいかない。
判断の基準は3つ。こういう本は「借りる」ではなく「買う」です。

・何度も読み返す必要がある本

・ライン(赤ペン)を入れたくなる本

・常に容易にアクセスしたい本

私の場合の事例ですが、こんな風に分類しています。

「買う本」
①知識の本(資産運用、経済、ビジネス本)
②勉強の本(参考書等)
③趣味の本(歴史・鉄道・贔屓する作者の推理小説等)

「借りる本」
①雑誌(特にマネー雑誌)
②小説
③過去のベストセラー

いまのところ、新刊:中古:図書館の割合は、3:6:1といったところ
です。書籍代を節約する気はあまりないのですが、そうはいっても
現実には保管場所の問題があるので、今後は図書館の利用を増
やそうと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。