出向して良かったこと悪かったこと

私に出向命令が下ってから数ヶ月。実際に働いてみての感想です。

今の世の中、働き場所が変わるというのはよくあること。代表的な
ものは出向ですが、派遣、請負、業務委託、転籍など、形態は様々
です。統計上は分かりませんが、もしかしたらずっと自社内で働くと
いう方のほうが、珍しいのかもしれません。

良かった面としては、仕事の幅が広がることと、多少ですが、人脈
が増えるということでしょうか。とくに出向したもの同士というのは、
気心が知れるので話しやすいです。また、仕事の内容がほとんど
変わっていないという事実、これはキャリアが継続できたことになる
ので、良かった点というよりもありがたかった点だったといえます。

悪かった面のダントツは、通勤時間が長くなったこと。転職した理由
の1つに通勤時間の改善という目的もあったはずなのですが、いつ
の間にか元の木阿弥です(泣)…とはいっても1時間ぐらいなので、
まだまだ都内勤務者の中では平均、あるいはやや恵まれている方
だと認識しています。ただ、都内でも有数の最混雑区間を走ること
になるので、まさに「痛勤」になってしまっています。

そしてもう1つ、悪いというかこれは慣れの問題なのかもしれません
が、IDカードや身分証、あるいは机やパソコン等…何から何まで2つ
ずつあるという現状なので、管理がメンドクサイ。私の場合、出向と
いっても、完全に1つのほうにベッタリという感じではなく、あるときは
Aで勤務、あるときはBで勤務というパターンになります(出向というよ
りは兼任というイメージです)。当然ですが、Aで勤務するときはAの
IDカードが必要になります。あの私物はどっちに置いていたっけ?と
か、あの書類はどっちに保管してたっけ?というのが往々にしてあり
ます。また、細かい話ですが、どちらの職場に行くかによって、朝に
乗る電車の時間も変わってくるので、そういうことにも気を配らなけれ
ばなりません。

いまのところはどちらもほぼ定時で上がれているので、勤務時間は別
に増えていませんが、なんとなくWワークに近い状態になってしまって
います。1日に2箇所を廻ることはないので、厳密には違うのですが、
感覚としてはそんな感じです。

いつまで続くのかね。。。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。