ポイントは貯めこまずにドンドン換金していこう

マネーリテラシー

毎日何気なく生活していると、気づかないうちに結構な速さでいろいろな
ポイントが貯まっていきます。

私の場合の一例を挙げてみると思いつくだけでも…Tポイント、Pontaポ
イント、楽天ポイント、Suicaマイレージ、VISAワールドポイント、SBIマイ
レージ、マネックスポイント、ECナビポイント、docomoポイント、フレッツ
光ポイント、そしてミステリーショッパーからの謝礼ポイント、アフェリエイト
に関するもの…などなど、1つ1つの効果は小さいですが、まさしくチリツ
モとはこのことで、決してバカにすることができない存在になっています。

これらのポイントシステムは基本的にその運営会社の信用のうちでしか
存在できないので、信用度はジャンク債のようなレベルです。債券ですら
ないのでジャンク債以下かもしれません。

ポイント制度は、使用停止や有効期間の短縮、還元率の変更、使用範
囲の制限、最低還元単位の引き上げなど、常に条件改悪のリスクにさら
されています。レアなケースですが、他のポイント制度に強制移行させら
れた上で、一方的に不利な交換レートで強制決済されてしまう事例も見
受けられます。

ポイントというものは余計に貯めこんでもあまり意味がない(利息がつく
わけでもない)ばかりか、リスクを拡大させるだけですので、使えるとき
にドンドン換金していくという戦略が基本中の基本です。そして現金化で
きるのであればそれが一番間違いなのですが、できない場合であっても
できるだけ現金に近いものと交換し、最低限の利便性、流動性は確保
するよう努めるべきです。

私の場合、獲得したポイントはちょくちょくと現金に変えていますし、現
金化できない場合ものについては、利用範囲の広いTポイントに交換し
ています。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました