加入したガン保険が加入後に改悪されていた

税金/年金/保険

ID-10067199

昨年、熟慮に熟慮を重ねて加入した妻のがん保険ですが、最近保障内容
が改定されたようです。でも内容を確認したところ、改定というより改悪。
因みに商品名は、AIG富士生命の「がんベストゴールド」というものです。
新商品の名前は「がんベストゴールドα」と、なにやら保障内容がパワーア
ップしたかのような印象を与えるネーミングですが、騙されてはいけない。

商品説明ページ
がん保険 がんベスト・ゴールドα

参考記事
妻の医療保険とがん保険

どういうところが改悪なのか。パンフレットを見た限りの情報ですが…
単純に、保障範囲は狭くなったのに保険金額が上がっています。

・すべてのガンが対象だったのが、上皮内ガンは対象外になった。
 (上皮内新生物診断給付金という特約に劣化。しかも給付金額は半減

・単純に保険料が高くなっている(私の妻の場合だと掛金がほぼ倍額)

これらは明らかに条件が悪化してます。なお、サービスを充実させたと宣
伝している箇所もありますが、あんまりどうでもいいような部分。

・がんトータルサポートサービスの機能強化

・先進医療の限度額が1500万円から2000万円で増額

ね?微妙でしょ( ´∀`)

この保険は、掛金の安さ、主契約を給付金のみで構成できる分かりやすさ、
そして全てのがんが対象という保障範囲の広さに強みが合ったのですが、
その強みの全てが今回の改定で、見事に失われてしまっています。

妙に他の会社の商品よりも条件が有利なので、売れすぎたのかもしれま
せん。保険会社側の事情はわかりせんが、利益が薄いと判断した可能性
があります。

もちろん、うちの場合は条件変更前に加入を済ませているので今回の改
定の影響は受けませんが、改定の事実を知らないでこれから加入を考え
ている方は注意です!営業サイドが「改悪の事実」をストレートに伝えてく
るとは考えられず、適当に繕ってくる可能性があるので、今一度保障内容
を吟味しましょう。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました