寄付に興味があるけど慎重になってしまう

約1年前に「寄付」というおカネの使い方について、こんな記事を書きました。

お金の4つ目の使い方

要点は次の2つです。

・支出は、「消費」「浪費」「投資」の他に「「寄付」という項目に大分される
・継続的に寄付という社会還元をしていきたい

そしてせっかく寄付をするのであれば、これだけは押さえておきたいとい
うことで、5つの項目を挙げていました。

①寄付する意義を感じられる組織、対象であること
②寄付したおカネの使い道についての透明性が高いこと
③寄付した効果を実感できる仕組みがあること
④将来の可能性を広げる寄付であること(若い世代に寄付したい)
⑤少額ずつコツコツと寄付できること

その後は、いただいたコメントなどを参考にしながら、ふるさと納税日本
赤十字社
への寄付を行いました。もちろんこれはこれでよいことだとは思
うのですが、どちらも単発的な寄付であり、結局のところ「余裕があるとき
になんとなく」とか「思いついたからちょっとだけ」という感じになってしまっ
ています。

これからはもう少し継続的に寄付という社会還元をしていきたい。単なる
自己満足なのかもしれませんが、寄付金控除で節税になれば自らにも恩
恵があるし、なにより気分がいいことなので、それはそれで資産運用にお
けるモチベーションにもなりますので、これも1つの立派な投資戦略と考え
ても、大袈裟ではないでしょう。

今回は上記の5条件に加えて、以下の2つの条件を追加します。

⑥寄付する先が実績のある組織・団体であること
⑦自らの節税に寄与すること

なお寄付の対象が「高齢者」となっているものについては省きます。あくま
でも若い世代、そしてこれからの将来を担ってくれる世代を対象とするもの
に寄付をしたい。私は就職氷河期を経験し、バブルの恩恵にもあづかるこ
とができなかったいわゆる「失われた世代」に属しています。そのため、日
ごろから世代間格差というものを強く感じています。偏見があるかもしれま
せんが、就職率や自殺率など節々の統計だけを見ればもっとも不幸な世
代です。そして就職状況は好転したものの、私以下の世代はさらに将来負
担が大きい悲惨な世代です(あくまでもそれより上の世代と比較してです)。
当然、高齢者といっても様々で、個人差があるのは承知してますが、上の
世代への寄付には興味がありません。また、高齢者への給付措置や行政
支援の手厚さは、若年層へのものとは比較になりません。企業においても、
シニア割引、高齢者優遇をうたうサービスが次々に生み出され、後方支援
は整っているなぁ…と感じます。

とりあえずは状況を進める為に、まずは寄付金控除の内容について、基本
的なことを勉強してみようと思います。控除の計算式や、どのような寄付行
為が控除の対象になるのか、について整理します。そして収入に対して、
どのくらいの割合でおカネを振り向けることができるのか、寄付金控除の枠
を超えて寄付できるのか…そういったところについても検討します。

ブログランキングに登録しています。クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. 大崎市株好き男 より:

    あなたの行為は寄付とは思いますが、ふるさと納税とかで、若い人に寄与しているとは思えないです。
    投資スタンスは非常に共感できるが、寄付に対しての感覚はあまり共感はできません。

  2. nantes より:

    > あなたの行為は寄付とは思いますが、ふるさと納税とかで、若い人に寄与しているとは思えないです。
    > 投資スタンスは非常に共感できるが、寄付に対しての感覚はあまり共感はできません。
    確かにご指摘の通りかと思います。今年はふるさと納税、初参加ということもあり
    純粋にコストパフォーマンスを求めていました。
    ただし、使い道を選べる自治体も多いので、基本的には「子育て」「保育」「教育」という
    キーワードで選択しています。
    例えば、岡山県津山市に寄付しましたが、使い道は「ふるさとの子供サポート事業」を
    選択しました。これはスポーツの振興や、奨学金制度の原資として活用されるようです。

  3. 大崎市株好き男 より:

    答えにくい質問に回答ありがとうございます。
    ふるさと納税ではこどもとかで納税しても、私は意味がないと感じています。税金の使われ方が特定されているだけと感じています。
    あなたへの批判でなく制度への批判と受け取ってもらえたほうぎ良いと思います。
    言いたいのは寄付と大体的に言う物ではないと感じています。あなた自身にプラスになるとは思えないからです。
    ただ、こんなことをいいながらも毎日あなたのブログを楽しくそしてためになると思いながらこれからも拝見させてもらいます。

  4. kim99 より:

    サラリーマンは税金を結構とられているわけで、その税金がどう使われているのかもよくわらない人間が寄付をするというのは、社会にとって意味があるのか?とは思う。
    wikipediaが寄付しろとうるさいけど、日ごろ利用しているから寄付してもいい。ドルで払いたいのだが払い方がわからんし、株とか債券はないのか?とは思う。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。