初めて個人向け国債の利金をもらいました

先日、初めて個人向け国債の利金をいただきました。

金額は数千円程度でしたが、一般的な定期預金等よりは利率がいいので、
それなりに満足しています。条件付ではあるものの元本保証もあり、現段階
では最強の無リスク投資先でしょう。

最近は、定期預金や生活防衛資金のほとんどを、国債に振り向けてもいい
のでは?と思い始めています。手元には生活費の3か月分程度を残し、あと
はリスク資産と国債で運用する…という単純明快な考えです。
ただし一方では市場の暴落時など、ある程度の機動力は残しておきたいと
考えているので難しいところ。結局どちらでもたいして差はないはずなので、
ほとんど気分の問題かもしれませんが。。。

資産を作っていくには複利の力をいかすのが基本中の基本です。今回の利
金は当然別の運用(インデックスファンドの追加購入)にまわします。これは
よく言われるたとえですが、雪玉を転がして大きくしていくイメージです。

私は特に副業と呼べるものはしていませんが、副収入はちょくちょくあります。
そのなかでも上記のような債券の利金や、株式の配当金、貸株金利など、
現金収入になるものについてはなるべく再投資するようにしています。
SBIマイレージやクレジットカードなどのポイント系のものについては、Tポイ
ントに変換しています。後者は自分の小遣いの足しになり、助かっています。

最初は仕組みを考えるのに苦労しますが、いったんこの再投資の流れを作
り上げてしまうと、あとが非常に楽になります。
私は職業柄副業が禁止されているので、給与収入を2箇所からいただくこと
はできませんが、生業としてできないまでも、副収入の強化(収入の複線化)
はできると考えているので、その方面は追及していこうと思っています。

具体的には、国債をさらに買い増しして、個別株投資の銘柄も増やしたい。
利金と配当金をインデックスファンドに回せば、効率よく資産が積みあがって
いくわけですし、マイレージも貯まっていく。あくまでも本業(仕事)を安定させ
ることが第一ですが、そういう好循環スパイラルを生み出すことができれば、
経済的自由を勝ち取ることができるはずです。

…と考えても世の中がうまくはまわることはそうそうないわけで、一寸先が闇
であることは間違いありません。どんなに細心の注意を払っても、どこかで必
ずアクシデントが発生するはず。知識を増やし対策を立てれば対応できると
考えてしまうのは人間の傲慢で、資産運用はそんなに甘くはありません。
(受けるダメージを軽くする為にも、準備すること自体は無駄ではない!)


新しい雪が降ってきて積もりだしたら、どんどん雪玉を転がして大きくする。
放っておくと雪が溶けてしまう(他の目的で使ってしまう)ので、溶け出す前に
転がす(再投資)ことが、巨大なスノーボールを作るための唯一の方法です。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. z より:

    同じようなことを考えて,3-4年くらい前から変動10年を四半期ごとに買っています。キャンペーン狙いである程度まとまった額を一括購入しますが,それでも1年間は売却できないので徐々に積み立ててきた感じです。
    それより前は年利1%くらいの1年定期もまれに見かけたものですが,最近は全然ですね。

  2. nantes より:

    Zさん
    > 同じようなことを考えて,3-4年くらい前から変動10年を四半期ごとに買っています。キャンペーン狙いである程度まとまった額を一括購入しますが,それでも1年間は売却できないので徐々に積み立ててきた感じです。
    確かにそれが理想ですが、キャンペーンを狙えるほどの額が
    なかなか用意できません…汗
    > それより前は年利1%くらいの1年定期もまれに見かけたものですが,最近は全然ですね。
    そうですね。嘆かわしいことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。