夏休み道東旅行【金額編】

道東旅行記録の最終回は、【金額編】です。

今回の旅行、予算は15万円としました。条件は大人2人、4泊5日。この予算に含まれるものは航空チケットや食費だけではなく、現地での交通費、お土産代、観光費等、すべての諸経費込という前提です。15万円を超えるようであれば計画そのものを考え直す、たとえば日数を短くする。。。ということで立案しました。

結果的には予算内で収まりました。

旅行費用(日別)

無題

旅行費用(分類別)

無題

支出項目にある「その他」ですが、ちょっとした買い物(ビールやお菓子)や、コインロッカー代、ランドリー代、新聞代、そして観光地での飲食代等です。

<工夫点>
・航空チケットは格安航空チケットの業者から手配
 (早期予約で割引)
・道東内の足はCPの高い「道東フリーパス」を利用して確保
 (このフリーパスは旅行商品なのでJR窓口では購入できません)
・宿泊費は会社からの補助金を限度額まで利用し圧縮
 (支払はすべてクレジットカード)
・観光施設については事前にクーポンの有無を確認
・事前に路線バスの系統を確認し、タクシーに優先して利用

<反省点>
・その他経費を見積もっていなかった
・タクシー代の見積もりが甘かった

節約は現地ではなく準備段階でする

今回の旅行、突き詰めるともう少し費用を落とす余地はありました。たとえば、空港リムジンを使わず電車を利用すれば1人数百円は違っています。ただし、乗り換えが発生し時間もかかるのでパスしました。タクシーではなく路線バス利用を利用できる箇所もありましたが、待ち時間がもったいないのでやめました。レンタサイクルについても、電動ではなく普通の自転車で妥協していれば半額以下で済みましたが、事前にしんどいことはわかっていたので必要経費としました。節約ばかりの旅行では味気ないものになってしまいますし、楽しみも半減してしまいます。せっかくの旅行だから!ということでさまざまな費用を聖域化するのは問題ですが、あらかじめ決めた予算内に収まるのであれば、ある程度は好き勝手でもよいかと思います。

現地で過度に節約に走るのはよくないが、事前の準備段階でしっかりと節約しておく。そのほうが結果的に費用を気にすることなく、楽しい旅行に仕上がると思います。

さて楽しかった夏休みも終わってしまいました。
来週からは現実に戻って、痛勤電車に揺られる生活です  (.. )

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。