自治体の人間ドック助成金は侮れない

税金/年金/保険

会社の定期健康診断の結果が届きました。残念ながら一か所だけB評価がありオールAとはなりませんでしたが、幸いなことに体調には問題がなく、2次検査も不要とのことでした。まずは一安心でしょうか。

ただし私も30代の前半。いつまでも若いから大丈夫とは言っていられない年代に差し掛かってきました。

別に健康オタクというわけではありませんが、いま人間ドックに興味を持ち始めており、いろいろと調べているところです(恥ずかしいことにそもそも人間ドックと健康診断の区別もついていませんでした)

重要ポイントだけ整理します。

健康診断との違いは? 
人間ドックも健康診断の一種。健康診断よりも精密な検査を行う。

保険は効く?
治療行為ではないので、保険適用外(自由診療)。

費用は?
自由診療なので病院による。1日(日帰り)ドックの場合、30000円~50000円が相場。オプションで検査項目を増やしたり、滞在日数を増やすと費用も上がっていく。

医療費控除は?
基本的には対象外。ただし診断の結果、重大な病気が見つかって治療を受けたときは医療費の一部として対象となる。

さて一部例外はあるものの、一般的には上記のような費用がかかるのですが、健康のことを考えれば無謀に高い金額ではないとしても、結構まとまった出費になってしまいます。ただ費用を安くできる可能性はありますのであきらめるのは早計。具体的には2つ。

①会社員・公務員であれば加入している保険からの助成を確認する

②国民健康保険の加入者であれば、自治体の助成を確認する

私の職場の保険を確認したところ、こんな助成制度がありました。

・対象者:35歳以上
・助成額:25000円(年齢加算あり)

次に私が住んでいる自治体の助成制度を確認してみました。

対象者:30歳以上
・助成額:検査費用の7割(限度額30000円)(年齢加算あり)

この2つだけの比較であれば、自治体の助成のほうが手厚いことがわかります。つまり健康保険よりも国民健康保険のほうが手厚いことになります。これは結構意外でした。。。

他にもいろいろな自治体の助成制度を調べてみましたが、神奈川県のある自治体ではなんと20歳から助成対象になっている例もありました。もっとすごいところになると、オプションである脳ドックの費用まで助成している自治体もあるようです。この自治体(国保)の手厚い助成は、侮れません。


<補足>

人間ドックの助成制度自体を持っていない自治体もあります。また、制度があったとしても助成金が低額だったり、高齢者への助成を打ち切っているケースなど、必ずしも健康保険(会社員)や共済保険(公務員)のレベルを上回るとは限りません。正直どこに住んでいるかに依存するので運の要素も強いです。またこれは当然の話ですが、ほとんどの自治体では住民税や国保料の滞納者は助成資格がないようです。条件は様々なので、1度自分の住んでいる街がどのようなサービスを整えているのか、確認してみるのもよろしいかと思います。

<残った疑問>
保険には下位互換の考え方があるのか?たとえば、会社の「健康保険(2階部分)」に加入してれば、同時に「国民健康保険(1階部分)」に加入している(保険料を負担してる)ことになるので、仮に自治体の助成金のほうに比較優位性がある場合は、(健康保険加入者の立場で)自治体へ助成金を申請することは可能なのか?という問題です。これについては理解できていないので、もう少し調べてみることにします。

わかる方いたら教えてください…(^^;

追記:
残った疑問を調べました。国民健康保険以外の健康保険(協会けんぽ・企業の保険組合・共済保険など)に加入している場合は、自治体からの助成は受けられません。たとえば岩手県盛岡市のこのページにもそのような趣旨の注意書きが書いてあります。一都市だけが例外とは考えにくく、おそらく他の自治体でも扱いは同じでしょう。ということで、保険には下位互換の考え方はなく、あくまで1つ1つの保険制度は独立していると考えたほうがよさそうです。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. いっさん より:

    ご無沙汰です。
    受診の時に国民健康保険証が必要なので、下位互換の考え方はありません。
    人間ドックは雇用者義務として一定年齢に達したら、なんとさんにも会社からお呼びがかかります。まだ全然先のようですが。

  2. nantes より:

    いっさんさん
    ご無沙汰です。やはり下位互換はありませんよね。。。
    人間ドックは雇用者義務なんですか?それは知りませんでした。
    それだったら数年後にお呼びがかかるかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました