することがないときには何もしないに限る

マネーリテラシー

もともとインデックス積立投資は、相場を気にするわけでもタイミングを計るわけでもないので、暇な作業なのですが、こうも相場が一本調子で上昇していくと、さらに輪をかけてやることがなくなってきます(売るわけでもないですし追加投資するわけでもない…)

サテライト戦略で楽しんでいるはずの個別株に投資をする意欲もなくなってしまい、ただただ市場の様子をぼーっと眺めるだけの毎日。いや、本当のところは眺めてすらいないので、ほとんど放置の状態です。

年初の目標で個別株を5社から倍増の10社にすると計画しましたが、今年は結局1社にも投資できていません。良いか悪いかは別にして、この目標はほぼ達成できないとみています。

人はやることがなくなると何かをしたくなるものかもしれません。特に運用においてはその傾向が強いような気がします。私の妻は証券会社に勤務していますが、とにかく最近忙しいとのこと。それだけ売り買いしている、あるいは興味を持っている投資家がプロアマ問わず多くなっているのでしょう。

投資の神様であるウォーレンバフェットは個人投資家の目線で、いろいろと為になる発言を残してくれています。こういう相場の時に改めて見返すと、ホント心に染みわたりますね。。。今日はその中でも私が気に入っている3つを紹介します。

・時代遅れになる原則は、そもそも原則ではありません

・秘訣は、することがないときには何もしないことだ

・辛抱強さや冷静さは知能指数よりも重要かもしれない

さすが神様、1つ1つが深いなぁ…( ´∀`)とくに2番目の格言が、いまの私の状況にピッタリな気がします。他の発言についても、このブログの読者であれば、共感してくれるはず…どうでしょう?

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. kim99 より:

    今週は相場が安定するまで、売買せずに暇だろうと思っていたのですが、投資用の資金でMMF買ったり、定期預金にしたりと何かしてます。来週もダウ平均が最高値をつけつづけると円安も進行するので、来週は本当に様子見でしょう。今晩の雇用統計に注目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました