医療費控除を最大限活用するための先払い

ID-100233920

現在、歯の矯正治療を行っています。年始から虫歯治療をはじめ、途中からは矯正治療。虫歯はすべて治療を終え、いまは月1回程度、経過観察ということで通院しています。

年末ということで、今後の治療費(確定しているもの)をクレジットで一括払い(先払い)をしました。医療費は年度単位なので、年が明けてしまえばリセットされれしまいますので、できるだけまとめて払ったほうがおトクです。これに加えて、クレジット一括払いであればポイントもゲットできますのでさらにおトク。

先生に聞いたところ、年末に先払い…を希望していくる人はかなり珍しいらしいのですが、やはり税理士さんなどは、きっちりとまとめてくるとのこと。誰でも簡単に知ることができる事実なのにも関わらず、知らないのか、知っていても面倒だからしないのか…いずれにしても勿体ない話です。

そして医療費控除は世帯単位。夫婦であれば合算ができるので、年収の多いほうに合わせて控除申請するのが正解です(そのほうが控除額が大きくなる=税金が還付される額が増える)。

毎年慢性的に医療費がかかってしまっている人でなければ、どこかで集中して払ってしまったほうが効率がいいはず。先払いを受け付けてくれるかどうかは医療機関次第ですが、交渉しなければ始まりません。

何も手を打たずに、税金高い、医療費高い、保険料が高い…では話になりません。。。生活防衛のために、やれること、できること、考えられることはなんでも試すべきです。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。