続・来年最大の課題は家をどうするかということ

マネーリテラシー

昨日のネタの続きです。固定費(家賃)を上げずに(できれば)広さを求めるための方策について。

①今のところに住み続ける
②都内(勤務地)からさらに離れる
③駅近をあきらめる
④公団住宅を検討する
⑤家(建物)のスペックを落とす

さて、どうすべきか?

いまのところはとりあえず①で、つまり現状維持でがんばってみようと思ってます。あくまで現状としての話ですが、今の住居や場所については不便を感じているわけでもなく、懸念点は広さだけだからです。もしかしたら単なる慣れの問題なのかもしれないし、ダメだったらその時に考えればいいわけで…確かにその時に考え直すということの大変さはあるでしょうが、しなくてもいい引越しをしてしまったという後悔だけは避けられる選択肢なので、まずはこれを優先に考えています。

次が④の選択肢。公団住宅も視野に入ってます。所得制限があったり、アクセスに難点がある物件が多いですが、広さと安さを両立できる選択肢としての魅力があります。探せば築20年以内、3DK、10万以下という物件もあるようなので、根気強くデータを集めて行きたいところ。年中募集をしていなかったり、物件によっては抽選になることもあるので多少の運も必要になってくるという印象を持ちます。

③と⑤は横一線でしょうか。ただしこの2つに②が絡んでくるようだと、はっきり言って「嫌」ですね。駅からの距離については徒歩5分以内は贅沢なので、10分15分くらいまでは妥協しても良いかもしれません。家のスペックについてもおおむね築20年くらいであれば大丈夫かなぁ…と漠然と考えています。

②の選択肢はできれば取りたくない。今、通勤時間が前職と比較して相当短縮を果たせているので、職住近接の恩恵を毎日感じています。やっぱり遠隔地から通勤してくる同僚は大変そうだし、時間を有効に使うことができない。よく電車は書斎や読書室にできるという人がいますが、そんなことは並大抵の意志の強さや、集中力に恵まれた傑物でなければ、理想論ですかね。。。少なくとも私にはむりw

というわけで強引にまとめてしまうと、家問題についてはいますぐどうこうという話ではないので、結論を急ぐ必要はないのですが、かといっていつまでも先送りはできない問題という位置づけで認識しています。今の優先順位は説明した通りですが、今後考え方が変わることもあるかもしれない。投資と同じ用語になってしまって恐縮ですが、最終的な結論を出すために、物件の情報集めについてはコツコツと情報を積み上げていきたいところです。

ちょっと昨日はいろいろと疲れた1日だったので、文章が支離滅裂になっているかもしれません。気づいたら後で治したいと思います…

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. 匿名 より:

    楽しみに読まさせて頂いております。資産運用についても参考にさせて頂きありがとうございます。お子さんにも恵まれたようでおめでとうございます。ただ、この2日間の家に関する記事は資産運用の観点とは少し見方を変えて奥さんとお子さんの事に比重を置いて考えてみてはいかがでしょうか?

  2. nantes より:

    >匿名さん
    >家に関する記事は資産運用の観点とは少し見方を変えて奥さんとお子さんの事に比重>を置いて考えてみてはいかがでしょうか?
    コメントありがとうございます。
    比重を置いて考えることは重要ですよね。ただし、考えることがあります。
    妻のため、子供のため、環境のため…といろいろ理由を並べては、固定費に圧迫され家計を崩壊させている例を多く知っているので、いわゆる住宅環境を聖域化するつもりはありません。ただしもちろんデリケートな問題なので、ぎりぎりの線をぎりぎりまで検討する予定です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました