災害時の対応マニュアルを改訂

その他

ID-100234887

我が家ではリスクヘッジの一環として、独自に緊急災害時の対応マニュアルを作成しています。

参考)独自の防災計画を作る
参考)災害時の対応マニュアルを策定しました

今回は作成からちょうど1年が経過していましたので、内容を改訂しました。環境に応じて情報を更新していかなければ、中身(マニュアル)が陳腐化してしまいますので、資産運用規則と同じように定期的に更新していくことをが求められます。今回更新した内容は次の通り。

情報の更新
・不足していた情報の追加
・緊急連絡先の追加、更新
・持ち出しリストの更新

資料の追加
・ハザードマップ
・地域情報(市提供)

更新したマニュアルについてはプリントアウトし、部屋の目立つところに保管。データとして持っていても意味がないので、必ず手に持って持ち出せるようにしています。

以前も書いたようにマニュアルに絶対的なものではありませんしむしろそれだけに頼り過ぎるは危険ですが、基本的な行動指針が決まっていれば、不要なパニックは防げます。これだけ情報を平易に得られる時代にありながら、何も準備をせずにあとから予想外だ想定外だと騒ぐのは自己責任と言われても仕方がない…

とにかく、平時に考えられることは事前にやっておきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました