確定申告はどうせならe-taxに挑戦してみようと思う

税金/年金/保険

ID-100224740

今年は初めて確定申告に挑戦してみようと考えています。

いままでは給与所得のみだったので年末調整のみで済ませていましたが、今年度は世帯合算した医療費の控除や、ふるさと納税、その他の寄付金控除が還付対象となりそうなので、やらない手はありません。

ただざっくりとシミュレーションソフトで計算してみたところ、還付される金額はせいぜい3万円程度。この金額の為にワザワザ仕事を休んで税務署に赴くのは微妙ですし、…特別対応で土日が開庁していたとしても、激コミで半日は潰れるという話はよく聞くので、メンドーだなぁと思っていました。

でも、e-taxという便利なものがあるんですよね。名前だけは知っていましたが、もちろん利用したことはありませんが。このe-tax、見たところ初年度だけはICカードリーダーを購入したり、住基カードを用意したりと手間がかかりそうですが、2年目以降は楽チンになること確実です。ICリーダーの代金についても初回購入に限っては控除できるみたいなので、実質の負担はほとんどなし。時間も節約できるし、余計な費用(交通費)がかからなくて済むのは大きい。ということで、どうせ確定申告をするなら、はじめからe-taxを活用して申告していきたいと思います。

…とはいっても、まだ右も左もわからない状態。

果たして…うまく申告できるのか?
そして無事に払いすぎた税金を取り戻すことができるのか?

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. HIDE より:

    e-taxは、領収書を出す必要がない代わりに5年間保有することが求められます。
    ほぼないとは思いますが、申告内容につき問い合わせが来た際に、捨てた→証拠隠滅→追徴になるのがヤで、私はあえて導入してません。そもそも領収書をkeepし続けるのも面倒だし。

  2. nantes より:

    >HIDEさん
    5年間は微妙に長いですね。。。しかも調べてみると、PDF等に変換してデータとして保存しておくのもダメらしい(国税庁の指定様式以外はアウト)
    http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/yokuaru04/13.htm
    まぁ直接申告と違って、長期保存が求められる理屈もわかるので、その辺は納得するしかない気もします。

  3. YUI より:

    電子証明書等特別控除は廃止されてるみたいですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました