2015年の新予算を編成

ID-100293668

基本となる日常生活費について、今年度新予算の編成を行いました。

無題

第一に優先したのは、全体予算は上げないということ。生活状況の変化に応じて項目ごとの増減はあってしかるべきですが、歯止めというものは大事だと思ってます。

全体の5割弱を占める「住居費」を何とかしたいところですが、現状では改善困難。他の予算で調整するしかありません。今年は「雑費」を削減するとともに「子供費」を新設し、全体の数字を合わせました。なお「雑費」ですが、これには消耗品費・被服費・通勤費以外の交通費・予備費などが含まれます。

自分で自由に使えるお金(小遣い扱い)は上記に含まれていませんが、現状でも副収入(ポイント系、アフィリエイト、クレジットチャージなど)でほとんど賄えているので予算化しません。なので、実質は自給自足です。あと、医療費についても予算化できていませんが、これは金額自体の予測が付かない上に、タイミングもわからないので、別予算、都度対応とします。

なお、予算の達成度については毎月ごと、個別項目ごとの評価は細かくしません。年間トータルで達成できていればとりあえずOKとし、経緯や中身についてはそこまでこだわらなくてもいいんじゃないかと思ってます。あんまり神経質になっても余裕がなくなってしまうし、反省点がある場合は来年の予算に活かせばいいだけなので、本格的な節約家・倹約家の方から見れば、結構ユルユルかもしれません。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。