生活防衛資金は全額を個人向け国債(変動10年)で運用することにします

ID-10035519

現在、生活防衛資金(生活費2年分)を個人向け国債(変動10年)銀行定期預金で運用していますが、来月から全額を国債での運用に切り替えることにしました。

関連記事)
生活防衛資金はすべて個人向け国債での運用でOKかもしれない

金利はだいぶ下がってしまっているので正直魅力はほとんどありませんが、切り替えの理由は、無リスク資産(特に生活防衛資金)の管理を単純化したかったということに尽きます。わずかな金利の差を気にして資金を移し替えるのも大切ですが、自分の性格やいままでの傾向からいくと、そういった部分で身軽に動くとは思えません。。。。

個人向け国債は変動金利のため、金利を気にする手間から解放されるので気が楽。また、以前も書いたように、高金利の定期預金が出てくれば躊躇なく解約して預け替えればいいわけですから、ある程度の流動性も確保できます。

以前も個人向け国債は2月発行のものを購入しましたので、今回もそれに合わせました。募集期間は今月になるので逆算して購入済み。なお購入はキャッシュバック特典のあるSBI証券で行いました。

これで2月と8月に利金を得られます。些細なことですが、夏と冬のボーナス時期以外に別収入があるということは心理的にありがたい。金額の多少ではなく、給与所得以外の臨時収入があるという事実が嬉しいのです。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. z より:

    この方法を4年くらい前から採っていて,あと1回の購入でようやく一旦コンプリートしそうです。
    (まとまった額が再び用意できるまでひと休み)
    変動10年より条件のよい定期預金は最近ほとんどないことを考えれば,妥当なアプローチなのではないかと思います。
    あとやはり銀行口座の管理は楽になります。自分は資金の入っている口座を2つ減らせました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。