ギャンブルとはうまく付き合っていく方法がある

ID-100238379

インデックス投資家のみならず、資産形成に力を入れている人ってほとんどギャンブルをしませんよね。するしないではなく、ありえない、言語道断という方も多いかと思います。

自分はというと、そんなことはありません。印象が変わってしまうかもしれませんが、競馬・競艇・toto・パチンコ・スロット等、わりとギャンブルは好きです。

好きといってものめり込んでしまってはただのギャンブラーになってしまいますから、ある程度のルールを定めながら節度は保って楽しんでいるという感じです。

心がけていることは…

・収支の記録は必ずつける
・事前に予算を決める
・あくまで娯楽という位置づけでやる
・勝つ必要はないが、負けをどう限定するかを考える
・細く長く楽しむ
・休日以外はやらない

戦略でもなんでもありませんが、大負けしないことが大事です(この部分は資産運用でも同じです)。考えてみれば、上記で列挙したようなギャンブルは最大損失額を自分で限定することができるわけです。ギャンブルで大負けしてしまう人というのは、ゲームに負けたのではなく、「儲けたい」「損を取り戻したい」という自分の感情に負けているにすぎません。

あらかじめ決めておいた予算あるいは時間をオーバーしたとき…

次のレースがどんなに鉄板でも、即ヤメ!

今のモードがどんなに激熱でも、即ヤメ!

今月の予算に余裕があっても、即ヤメ!

簡単そうに見えて意外と難しいのですが、これを徹底すれば意外とギャンブルは負けないというのが実感です。もちろん”負けない”というのは金額的にという意味で、勝率ではありませんが。

今年は年始からギャンブルノートということで収支をしっかりつけているので、どんな結果になるのやら。。。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。