粗大ごみの回収費用が高すぎて悲鳴

ID-10060965

先日、粗大ごみを捨てる機会があったのですが、その費用にびっくりしてしまいました。電話で役所に申し込みをした時点で、「ちょっと高くないか…」となんとなく思ったのですが。。。

電話を切った後に、隣接する別の自治体2つの回収手数料を確認するとびっくり!うちの市はA市の3倍、B市の2倍の費用となっていました。参考に東京23区とも比較してみましたが、やはり3倍以上。

同じ地域の自治体なのに、どうしてこんなに差が出てしまうのか?

私の住んでいる街は1人あたりの納税額では全国30位以内に入っているという財源豊かな自治体であるはずなのに、悲しいかなどうやら財源は別のことに使われてしまっているようです。行政の言うことなので「高いから結構です」というわけにもいかず、そこはお願いするしかないわけです。どうしても納得いかないようなら回収業者に見積もりを取るなり、友人に引き取ってもらうなり、ヤフオクに出品してみるなり…別の手段も考えられますが、そこまで目くじらを立てるような費用でもないので、最後は「めったにかかる費用でもないからしょうがないかな…」で終わってしまいました。

少量の場合はともかく、大量に粗大ごみを整理する必要が生じた場合は、今後このようにします。

①隣接する自治体の回収費用と比較する

②回収業者に見積もりを依頼してみる

③引越し先の自治体の費用が安いのであれば、廃品は引越し先で落とす
  
③は道徳上ちょっと微妙な線という気もしますが…どうなんでしょうかね。行政サービスの費用は市場原理が働きにくいので、往々にして歪みが発生しやすいということでしょうか。ニュースになることも少なく、話題にもあまり上りません。

意外と盲点なので、気を付けたいところです。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。