SBI証券が海外ETFの特定口座に対応へ

ID-100287262

SBI証券が特定口座への対応を発表しました。

外国株式における特定口座対応(予定)のお知らせ

2015年内(予定)で、外国株式を特定口座にてお取引いただけるよう対応いたします。
当社取扱いの9ヶ国(米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)の外国株式と海外ETFのすべてが特定口座内でお取引できるようになり、お客さまの煩雑な確定申告や納税手続きの負担が軽減できるようになります。 (公式HPより一部抜粋)

特定口座への非対応がSBI証券の唯一といっていいほどの弱点でした。私も海外ETFを購入した経験がありますが、この確定申告と納税申請が面倒で、マネックス証券を使っていました。

設定が2015”年内”となっているのがハッキリとしませんが、対応が完了すれば便利になります。一方、外貨MMFの非課税制度が今年で終わってしまう(年内に売却予定)ので、マネックス証券は今後使わなくなるかもしれません。

海外ETFはVTをはじめとして、低コストで良質なファンドが揃っているのが魅力です。管理する手間が省けるとなれば、有力な運用手段として再び投資対象とするかもしれません。なおその場合は、インデックスファンドからのリレー投資がメインとなります。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. kim99 より:

    海外ETF、東証にも上場してくれる銘柄が増えて、一時より海外ETFを持つメリットが薄れている気はします。気になるのは円建てで上場する手数料分がドル建てに比べてどれくらいなのか?海外ETFのメリットは取引時間が夜。アメリカ株は東証で取引される時間帯は基本的に為替変動しかしないのでお金の代わりに株を使って為替取引しているような気はします。海外ETFは外貨で資産を保有しつづける根性が必要なので、これがなかなかハードルが高い。ドル建の債券が豊富で海外ETFの手数料が安い証券会社が理想です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。