確定拠出型年金を検討します

ID-100291630

NISA以上に「やらないのはもったいない」と言われている確定拠出型年金制度。私も遅ればせながらですが、資産運用のツールの1つとして、導入を検討することにしました。

確定拠出年金のメリットとしては、よく下記のようなことが紹介されています。

・運用の透明性(ネットで時価を確認することができる)

・運用の自由度(自分で運用方針を決められる)

・ポータビリティ(職場が変わっても運用を続けられる)

・税の優遇(掛け金は全額が控除対象) ※上限あり

・会社によってはマッチング拠出の制度がある

特に税の優遇は国からの後押しがあるので、住宅ローンと同じく一種の歪んだ市場(経済的には美味しい状態)を作り出していると言えます。ここに参戦しない手はないでしょう。

もっとも確定拠出型年金にもデメリットはありますし、自分なりに気になることが何点かあるので、その部分がクリアになってから、導入を決断しようと思います。これについては運用の方向性を大きく変えることになるので、慎重にも慎重を期して、判断していく予定です。

ざっくりとですが、夏の時期までに一通り制度の勉強をしてみて(新書3冊くらい?)、秋の季節に最終判断を下し(同時に資産運用規則を変更する)、年末くらいまでには拠出額や金融商品を選び、年明けから運用を開始する…くらいのスケジュールで考えています。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。