外食の「梅」「並」「小」は満足度が高い

ID-100178843

基本的に昼食はお弁当、夕食は自宅で取るようにしているので外食をする機会はあまりないのですが、それでも外回りの際や、出張の際など、そうはいかない場合もあります。休日に1人散歩をする場合も、同じ。

外食の際、お店によってはグレードを選ぶ場面があると思うのですが、私の場合は基本的には最低ランクの物を注文します。「松」「竹」「梅」の場合は「梅」、「特上」「上」「並」の場合は「並」、「大」「中」「小」の場合は「小」という感じです。コース料理の場合は、一番安いコースにします。

この選択は躊躇なくします(ただしあくまで1人の場合です)。

理由は2つ。まず、コストパフォーマンスに優れていると感じるから。最低ランクといえども、あからさまに質や量を劣化させてしまえば、しょぼい印象を与えてしまいますし、その顧客をリピーター候補から外してしまうことになりますから、お店側は下手なことができません。お店側の良心を図ることもできます。

2つ目はその選択をして後悔したことがほとんどないこと。もともと食が細いので、量で不満を覚えることはほとんどありませんし、「梅」だ「並」だといって、味が極度に落ちることもありません。

よく言われているように、こういう3択を迫られる場合は中途半端な中間が一番ダメ。多くの方がそれを選択するので、その部分の利益を厚くしようとするのは当然の戦略です。

体裁なんて気にせず、外食は「梅」「並」「小」で行きましょう。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。