過去25回の戦歴(パチンコ & パチスロ)

a0002_000859

私は普段から「節約が大事」「贅沢はしない」「余ったら再投資」とうるさく連呼している割には、おカネにルーズな部分もあります。だらしないという意味ではなくて、使い方にこだわりはあるものの、使う対象については意外とゆるいという感じ。

たとえば、ギャンブル。
昔から嫌いにはなりませんねぇ…止めろと言われれば止めますが。

実のところギャンブルは、世間一般のイメージと違い、マイルールというかリスクヘッジをしっかりしておけば、金額的にはそんなに負けない遊びです。信用取引のようにレバレッジがかかっているわけでもないので、掛け金以上はロストしません。長く楽しむ秘訣は投資と一緒で、秘訣は運やテクニックではなく、理性を守る「強い意志」です。

参考までに下記の表を見てください。これは私のパチンコとスロット歴(過去25回分)です。今年から記録をしっかり残そう!ということでギャンブルノートを作りました。
注)パチンコは公的にはギャンブル(公営賭博)ではないことになってます。まぁギャンブルですが。

無題

この表を見てどう思いますか?

勝敗は8勝17敗なので勝率は3割程度。ただし、リスクを限定している(最大でも1回の負けは2000円)ので、金額的には負けていません。ちなみに収支が運よくプラスになっていますが、これは本当にたまたまであって、いずれマイナスになると考えたほうが自然です(じゃないとギャンブルじゃない)。

パチンコを打つときに気を付けていること。

【前提条件①心構え】
・第一の目標は楽しく時間つぶしをすることである
・間違っても勝てるとは思わない(相手は営利企業です)
・投資額は1000円(最大でも2000円)

【前提条件②打てる条件】 ※すべてを満たすこと
・低ルート(P=0.5円か1円、S=2円、5円)の導入店 
・自動清算システムを導入している(ドル箱がないお店)
・等価交換店
・甘デジかライト台(一般的に160分の1以下くらいの確率で当る台)

【前提条件③玉は節約】
・保留3個以上で止めうち
・ロングリーチは止めうち
・大当たり、時短中もタイミングをはかって止めうち

最大投資額に到達した場合は、高確だろうが、潜伏だろうが、チャンスゾーンだろうが即ヤメです。隣の人にビックリされることもありますが、いちいち意に返しません。

このようにギャンブルはリスクを限定すれば、(大勝はできませんが)負けを少なくしながら楽しむことが可能です。逆に時間はどうやっても浪費するので、その点だけを注意すれば趣味として楽しむ分には大丈夫でしょう。

いや…でも個人投資家というか、このブログの読者には支持されない趣味ですね(汗

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. 自分もスロットで1年近く毎月10万円稼いでいましたが、
    自給にすると1000円位だったので、たばこの煙の中では
    割に合わないなと思いました。

  2. nantes より:

    >おひげ☆ぼーぼーさん
    そりゃあ、それで稼ごうとすれば割に合いませんよね。プロの方は尊敬します。
    稼ぐだけであれば、普通に働いたほうがはるかに難易度が低いですし…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。