中古マンションの物色が楽しい

不動産/住宅購入

ID-100132924

最近、Webサイトで中古マンションの物件検索をよくします。買う買わないという話ではなく、単に興味本位という部分が強いのですが、宝探しのような感じで楽しいのです。

不動産も一種の商品には変わりないわけですから、価格はあくまで需給の関係で決まる!という意見が大半ですが、本当にそうでしょうか?私が見る限り、けっこう「価格」には歪みを感じます。もっともそれをうまく説明することができないので説得力はありませんが、ナントナクそんな気がするんですよね…値付けに明確な根拠があるわけでもないので、実際にある程度の歪みはあると思ってます。

新築であれば、周りに分譲されているマンションと比較できますので、ある程度、割高・割安の判断はしやすいのですが、これが中古になると別の要素が加わってくるので、より複雑になってきます。住居のメンテナンス具合が加味されたり、施工当時からの環境の変化なども影響してくるので、容易には判断できません。

だからこそ、宝探しの要素が盛りだくさんで、楽しいんです!

それと歪みがあると言っても、値付けにはそれなりの理由があるはずなので、割安に思えてもどこかに欠点が隠れています。ただしそれが万人が受け入れがたい致命的な欠点なのか、気にならない程度のものなのかはわかりません。こういったところを探っていくのも、有意義な暇つぶしになります。そして、気に入ったマンションがあった場合は、近くまで視察に行くこともあります。実際に現地に行ってみると、なぜ割安なのかがわかったりしますので、百聞は一見に如かず…ということを痛感します。

好きこそものの上手なれ。たかが暇つぶしの宝探しゲームですが、たとえば5000件、10000件と物件をウォッチしていけば、相当に目が肥えてくるでしょう。

楽しみながら、物件を見極める目のレベルアップを果たしていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました