自分の労働単価は把握しておくべき

仕事/給与/福利厚生

ID-100127949

私は毎年、自分の時間単価(労働単価)を把握するようにしています。別に仕事に生きている人間ではありませんが、自分が1時間でどれだけ稼ぎ、組織(会社)にどれだけコストをかけているかを知るためです。

時間単価を把握することで、そもそもいま手を付けている仕事にそれだけの価値があるのか?その仕事は残業をしてまでやる意味があることなのか?を考えるようにしています。結果、無駄な残業の抑制につながります。

時間単価を求める計算式は、それぞれの職場によって変わるはずです。
私の場合は次の通り。

 {(基本給+諸手当)*12月}/{(38.45h*52週-7.45h*祝日日数)}

この公式で計算すると、私の時間単価は1817円でした。
つまり時給1817円で仕事をしています(厳密には成果給もあるので、正しくありません)

これをもとに、他の単価も計算。

日当は 14081円  (1817*7.75)

残業時給は   2271円 (1817*1.25)
休日時給は   2452円 (1817*1.35)

コスト感覚を身に付けろ!と得意気に話してくる上司がよくいますが、偉そうな人に限って自分のコストを正確に知らない場合が多いんですよね。。。そういう人に説教されても説得力ゼロです。

皆さんは自分の労働単価を正確に把握していますか?
 

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. 賞与込の年収÷年間労働時間で計算したら・・・・
    ぼったくりサボリーマンでした(笑

  2. nantes より:

    おひげ☆ぼーぼーさん
    年収ベースで再計算すれば、数百円単位で変わってくるかもしれません…
    あとはこの計算式には有休が加味されていないので、その分も割り引くと
    より現実に近いものになると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました