株価なんか気にせず投資はのんびりといこう

ID-100287851

日経平均も遂に2万円に到達、世界的にも株高傾向…ということで、少なくとも株価上だけで見れば好景気が到来したかのようにも見えます。どう考えても政府主導の官制相場ですが、日銀や年金がこれからも買い支えることは確実ですから、アナリストや投資家による強気の意見も目立ってきました。

はっきり言って、リーマンショック後に投資を始めた方であれば、何を買っても(東電とか極端なババを引かない限りは)儲かっているはずです。それこそ”適当に”何を買ってもです。

ただし、長期にわたって投資をしていくと覚悟を決めた投資家としては、冷静でいたいところ。いまが過熱相場とは思っていませんが、上昇ペースが速すぎるのは間違いない。そこは注意するようにします。相場はあくまでコントロールできないものであり、遠目から客観的に見ることが大事。少し冷めたくらいがちょうどいいですね。

最終的に投資の成果を決めるのは、技術や運ではなく、感情をコントロールする「強い意志」や、適度に資産配分を施した「適切なリスク」であることは、数ある投資本で指摘されていることです。

相場が好調だとどうしても気が大きくなってしまいますが、基本的には下がり目のときは強気に、上がり目のときは弱気に考えたほうが、精神的に楽ですし、落ち着くことができます。古参の個人ブロガーの方たちはその辺をよく心得ているので、この相場でも浮かれている方はほとんどいません。そういう意味では、こういう局面でこそ参考になるパートナーであり、戦友とも言えます。

いまこそ新しいことに手を出さずに淡々と投資を続ける
毎月一定額の投信積立、毎月一定額の社内預金、そして余った分は再投資。新しく登場している金融商品や、アナリストが煽っている推奨銘柄などには目もくれず、淡々と、他人から見ればつまらなすぎると思えるくらいの投資を続けていきます。投資額を増やすこともしません(下がり目の時は結構ナンピンをするのですが、上がり目の時は何もしないと決めています)。増長を窘める格言を探したり、行動経済学の本を再読するなりして、このよくわからない雰囲気だけの好景気、株高に演出されているだけの好景気が過ぎるのを、息を潜めながらひっそりと待ちたいと思います。

次に大きな下落相場が訪れたときに、我慢して投げ出さず、淡々と投資を続けることができれば、その相場が回復した時に違った世界が見えてくるような気がしています。具体的にはアッパーマス層に到達し、準富裕層の背中が見えてくるはず。同時に、セミリタイアへの現実味も増してくるのではないかと…

いまこそ合理的な行動をこころがけ、コツコツといきましょう。
欲張るとロクなことがありません。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。