16か月後の引越しに向けて

ID-100118300

我が家の資産形成において、課題の1つになっているのが今後の住まいのあり方です。

現在は1LDKの賃貸に夫婦で住んでいますが今後は出産も控えていますし、そうなれば3人での生活になります。1人っ子では寂しいので…となった場合は、もう1人。逆に子沢山を希望しているわけではないので、子供3人は想定していません。そうなると我が家の家族構成は今後数十年にわたって、3人~4人というラインで固まってきたと言えそうです。

2人で1LDKでも手狭に感じるのに、3人4人では厳しいかな…と感じてきました。私はあまり拘りがないので大丈夫だと思っているのですが、妻や子供はそうは思わない可能性が高いですしね(笑)

そこで我が家では1つの結論を出しました。それは、次回の契約更新はせず新居を探すということです。ただ、昨年の8月に更新をしたばかりなので、次の更新は来年の8月。逆算するとまだ15か月あります。この間にしっかりと今後の”住宅のあり方”を検討していこうと思います。

私はどちらかというと賃貸派ですが、ファミリータイプ(3LDK以上)の物件は、あまり賃貸に出回っていません。希少性が高いというよりは市場が成熟していないという印象を持ちます。我が家の周りの賃貸相場は、12万~15万。これでは月給の半分を持っていかれるので厳しい。立地を妥協するか物件のスペックを落とさない限りは選択肢がないというのが現状です。

よって「購入」と「賃貸」の両面から、ゼロベースで検討していこうと思います。当然、購入の選択肢には「新築」も「中古」も含まれていますし、「戸建て」も「マンション」も含めます。賃貸の選択肢も、「公団」「一般賃貸」「戸建賃貸」から幅広く検討します。地域も今住んでいるところにこだわらず、1から検討します。

そしてこれが重要なのですが、検討していく中で時間切れという可能性も0ではありませんので、時間切れになった場合の「時間稼ぎ物件」を別に検討することにします。良い物件が見つけられなかった、資金計画に誤算があった…と、いろいろなアクシデントが考えられますので、そうなってしまった場合でも慌てずに検討を続けることができるように備えるためです。時間のリミットがあるとどうしても焦りを生み、それがもとで不利な条件を飲まされることだってあるわけですから、切り札の確保は欠かせません。

ゼロベースからスタートし、1つ1つ条件を加えていって対処を絞り、慎重に決定していく予定です。どのように検討していくか、検討の順番や理由も含めてブログで伝えていきたいと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. peek より:

    いつも参考にしてます、我が家も似たような状況なので、今後の更新を楽しみにしてます。

  2. z より:

    公団などは,ファミリー向けばかりという印象ですが。
    でも古い物件が多いかも。

  3. nantes より:

    >peekさん
    同じ境遇ですか…やっぱり悩みがちな話題なんでしょうかね。
    マイペースで更新していこうと思います。
    >zさん
    ファミリー向けが中心ですが、H10年以降の物件も結構あるようです。
    地域にもよるかもしれませんが。。。
    築年数にこだわりのある人は厳しいかもしれませんね。
    我が家は耐震基準さえクリアしてれば、OKという感じです。

  4. あつのすけ より:

    自分も昨年子供が生まれましたが、夜泣き・将来の子供部屋などを考えれば複数の部屋は必要かな・・・と思いました。
    女の人の場合は「持ち家」というものに憧れを持つ人も多いですからね。経済的合理性を考えれば賃貸でも問題ないはずですが、なかなか理屈では割り切れないようで(苦笑)
    大きな出費だけに悩ましい問題ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。