学資保険の検討[前編]

税金/年金/保険

ID-100106941

このブログでは何度か学資保険について取り上げています。

基本的にはこの記事で書いたとおり否定派でしたが、1度真剣にゼロベースで検討してみることにしました。

はじめに結論を述べますが、結果として我が家ではやはり学資保険は不要という結論に達しました。これにはご家庭の事情や価値観の違いによって個人差、家庭差がありますので、あくまで個人的な意見であるということを断っておきます。

今回はゼロベースで検討するにあたり、以下の項目を1つずつ精査していきました。

・学資保険にはどのようなメリットがあるのか?
・学資保険にはどのようなデメリットがあるのか?
・学資保険はどのような人に必要なのか?
・学資保険の保険料を安くする方法はあるのか?
・学資保険は保険の本質に合致しているのか?
・学資保険に加入しないとすれば、教育資金を何で工面するのか?

まずは保険加入のメリットとデメリットから整理します。特徴としては次のようなものがあると考えられます。

学資保険のメリット
 ◆強制貯蓄機能
 ◆定期預金に比べて高い金利
 ◆親の死亡時に保険料が免除
 ◆税制優遇(一時所得/所得控除)

学資保険のデメリット
 ◆流動性が低い
 ◆金利が固定される
 ◆保険会社の経営リスク
 ◆インフレリスク

そして検討の結果、メリットよりもデメリットのほうが大きいと判断し、加入を見送ることにしました。

具体的な理由については、後編のほうで書きます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. とおりすがり より:

    メリットに税額控除とありますが、所得控除の誤りでは?

  2. nantes より:

    >とおりすがりさん
    生命保険料控除の観点から見れば所得控除ですね。
    誤解を招く表現なので、修正しておきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました