出産費用の記録

出産費用の記録をまとめました。

事前の情報収集はもちろん大事ですが、こういうものは実際に経験しないと結局はわかりません。同じように出産を控えているご家庭もあるかと思いますので、いろいろと参考になるかと思います。

実際にかかった費用はこちらです。
※あくまで出産時の費用の集計であり、妊婦検診費用やベビーグッズ等は含めていません

無題

総額で50万円強となりました。基本料金は地域や病院によって差がありますので事前チェックをすることが望ましいのですが、今回は初産であることと妻の希望を考慮した結果、近くの評判のよい産婦人科にしました。おカネのみでは図れない安心感を得ることも大事です。同じ理由で部屋も個室を選択しています。費用は確かにかかりますが、大部屋と違ってゆっくりと療養できますし、お見舞があった時など、周囲に気兼ねなくゆっくりと話をできることも利点です。それと我が家は車を保有していませんので、往復はタクシーを使用しました(タクシーであればチャイルドシートがなくても乗車可能です)

産科医療保障制度は保険料の掛け金なので定額ですが、他の費用については節約できる可能性もありますので、家庭の事情によって検討するのもよいかと思います。

これだけの話をしてしまうと、結構費用がかかってしまったような印象ですが、ご存知のように国からの給付があるので、実際にはそこまで自己負担は膨らみません。

出産時の前後の収入はこちらです。
※付加給付や慶弔金の有無については所属している組合・会社によって異なります
※慶弔金以外のお祝い金は表に含めていません
無題2

費用に51万円かかっていますが一方で給付が48万円あったので、実際の自己負担額は3万円のみです。そしてこの3万円についても医療費控除の対象になりますので、実際の負担額はもっと少ない。

また、産婦人科からお祝いの品として退院後1か月分のミルクやおむつ等のプレゼントがありました(実際にはプレゼントというよりも費用に含まれていたと考えたほうが自然です)ので、買い物の手間が省けました。
DSC_0867

出産費用については様々な統計がありますが、そこまで大きな費用は発生しないという印象です。割安な病院で出産した方や健康保険の付加給付が手厚い方は黒字になることもあるかもしれません。

今回は出産費用のみの記録ですが、検診費用からベビー用品の購入代までを含めたトータルの金額についても記録を取っているので、後日掲載したいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。