休職者が多い職場

ID-100146436

私の職場は数ある部署の中でも、ストレスが溜まりやすいと言われています。そのせいかどうかはわかりませんが、休職者がやたらと多いのです。割合でいうと15人に1人くらいでしょうか。

別に残業が多いわけでもないし、ノルマはありますがそこまできついわけでもありません。私が見たところブラック上司がいるわけでもありません。それでも合わない人には合わないようで、毎年のようにこの4月、5月で休職に追い込まれてしまう人を見かけます。もったいないことに新卒で入って、そのまま辞めてしまう人もいました。

私はどちらかというとお気楽な性格ということもあり、ストレス耐性には自信があります。今から考えればブラック企業みたいなところに勤めていた経験もありますし、その際も結局は何とか仕事をしていました。それと、大きなクレーム等を発生させても淡々と処理するタイプです。そういう処理の仕方がいいか悪いかは別の議論ですが、あまり次の日に引きずることはありません(当日帰るときにはもうほとんど気にしてません)。

こういう場合はシンプルに「損得」で考えると楽です。

・クレームを引きずって何か得することはあるのだろうか?

・休職することによって何か損することはないだろうか?

・ストレスを抱えて、何か得することはあるだろうか?

私にとっての仕事は”人生の主役”ではないので、ワリキリが大事だと思ってます。割り切って考えてしまえば、意外と大したことがないと感じることも多い。職場の人間関係で悩んでいる方も多いですが、これについても私は鈍感なので、嫌われても気にしないし、陰口を言われても気になりません。関係を持とうとするから悩むのであって、単なる仕事上の付き合いと考えてしまえば、悩むこともなくなります。どうしても苦手な人については、(失礼ながら)言葉が通じない宇宙人を相手にしているんだ…とでも、思っておけばいいんです。

そして、たいていのことは時間が解決してくれます。嫌な人が異動になるかもしれないし、苦手な仕事だったのに慣れてくれば苦にならなくなるかもしれません。むりやり投資の話と置き換えてしまえば、どちらもとにかく続けことが大事だということになりますね。

仕事なので不真面目は良くないですが、だからといって根詰めて考える必要は全くなく、ゲーム感覚で「ミッションをクリアしていこう!」ぐらいの感覚で臨むのが、健康的だと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. クロマツ より:

    初めまして!いつも楽しく拝読しています。アラサーのクロマツと申します。私もインデックス投資を行っている関係から、こちらのブログを訪問するようになりました。
    さて、今回コメントさせていただこうと思ったのは、今回の内容が今の私の悩みと非常にマッチしており、解答に感銘したからです。
    と申しますのも、私はこの4月に転職し、新しい職場での人間関係で悩んでいます。なかなか仕事内容や会社の仕組みに慣れず苦戦しています。最近は面と向かって(嫌な感じで)仕事内容に関して注意されたり、聞こえるように嫌味を言われたりしています。私も嫌われたくないためと、早く職場に溶け込もうと周囲に話しかけたり努力していました。
    しかし、今回のブログを拝読し、「関係を持とうとするから悩むのであって、単なる仕事上の付き合いと考えてしまえば、悩むこともなくなる」という点に深く感銘しました。自分自身、焦り過ぎていたのではないかと思うようになりました。また、「仕事が人生の主役ではない」ということも忘れていました。
    明日からまた仕事ですが、今回の記事内容を頭に置き、もう少し気楽に考えようと思います。本当にありがとうございました。
    ブログ更新今後も楽しみにしています!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。