家計の把握にはSWOT分析が使える

マネーリテラシー

現状を把握する手段として、SWOT分析というアプローチがあります。企業勤めの方は研修かなんかで必ず聞いたことがあるはず。耳タコかもしれません。

簡単にいうと、企業が目標を達成するために現状を分析する手法です。強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つの観点から、現状の問題点や取り巻いている環境面を確認します。

このSWOT分析ですが、家計の管理に応用できます。現状の強みと弱みは何なのか、どういう機会の変化があったのか、これからどのような脅威が発生する可能性があるのか、1つ1つ丁寧に考えていくことによって、課題が整理されていきますし、それに対する対処も冷静に考えることができるようになっています。

私の場合の例です。

▼家計のSWOT分析
無題

現状の把握をおろそかにしたまま節約や貯蓄を頑張っても、それが予想される脅威に対する対策になっていなければ、それこそムダな努力で終わってしまう、もしくは何のために努力をしているのかわからなくなってしまいます。SWOT分析以外にも、家計管理に応用できるツールはいろいろとあるので、そういう視点をもって、研修を受講したり、ノウハウ本を読むのもよいかもしれません。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました