日本年金機構の不祥事を本当に笑えるのか?

時事/雑感

ID-100241345

日本年金機構の個人情報流出問題が世間を騒がせています。世間の反応は「意識が足りない」「信用できない」「だから公務員は…」「責任とれ」と非難ごうごう…事の重大さを思えばもっともな反応でしょう。

ただ、本当の意味で上から目線で指摘できる人はどれほどいるのか?という疑問も感じます。私は機構の職員でも年金の受給者でもないので直接の当事者ではありませんが、この不祥事についてはまったく笑えないし、偉そうに非難する気にもなれませんでした(当然不祥事は断罪されるべきですが!)。

いまどき仕事をしていればどんな職種であれ、かならず個人情報には触れる機会があります。個人情報ではなくでも、会社の機密情報だったり、顧客情報だったり...

下記のものはきちんと施錠されている場所に保管されているでしょうか?
(個人情報/社外秘の書類/顧客の名刺/会社支給の携帯/連絡網など)
手帳や社員証や名刺入れを落とす可能性は、本当にゼロなのでしょうか?

自分では個人情報だと思っていないものでも、実は個人情報というパターンもあります(マニュアルとして配られた書類の中に個人情報が書かれていたり...)それに、施錠したから大丈夫と思ったところで、そのカギの管理が適当だったら同じことです。

情報管理というと、どうしても情報端末というイメージが先行しますが、スキャベンジング(ゴミ箱あさり)も不正情報入手の有力な手段です。

私も普段から情報管理には気を付けてはいますが、完璧な人間などいないわけですからいつ気が緩んでミスをするかわかったもんじゃありません。私はこの不祥事を受けて、机の中身やPC上のローカルデータを確認するとともに、少しでも疑わしいと思われるものについては、プロテクトをかける、共有フォルダに移す、処分する…ということで、データのあり方について総点検を行いました。

それともう1つ言いたいのが、情報流出をなくせ!という話の展開はシステムをしらない人間が語る理想論だということです。万全な対策は当然に必要ですが、悪意のある人間は一定数いるわけですから、脅威をゼロにすることはできないという認識が絶対に必要。殺人などの犯罪が絶対になくならないのと同じレベルの話です。

あくまで、情報流出の可能性があることを前提に議論すべき。

・流出した場合に、それを必要最小限に食い止める対策
・流出した場合の責任の所在や補償のあり方
・流出した場合でも、2次被害を出さないための啓蒙
・罰則強化

掛け声だけの安全宣言をしても不信感が募るだけ。地味ではあるけれども、今できる現実的な対策をコツコツ積み上げて欲しいものです…

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. td より:

    初めまして、
    以前から貴ブログを拝見しております。
    投資のことだけではなく、家族や子供のことについても書かれており、同じように小さな子供がいる当方にとって非常に参考になっております。
    当方も、7年前くらいからブログを書いており、投資に関するアップは少ないのですが、もしよろしければ、相互リンクを設定させていただきたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  2. nantes より:

    tdさん
    コメントありがとうございます。
    リンク設定を確認ののち、対応させていただきます。
    よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました