誰よりもはやい!?本日発売 『全面改訂・ほったらかし投資術』の読書感想文

ID-100305237

相互リンク先の水瀬さん(梅屋敷商店街のランダムウォーカー)の新著(経済評論家:山崎元さんとの共著)、『全面改訂・ほったらかし投資術 インデックス投資実践ガイド』が発売されました。早速、近くの書店で購入し読了しました。

(水瀬さんの紹介記事)
山崎元氏と私水瀬ケンイチの共著、「全面改訂 ほったらかし投資術」 本日2015年6月12日発売。Kindle版も同日発売されました

早速、読んでみての率直な感想を書きたいと思います。
(具体的な本書の内容については、ぜひ本書を手に取って確認してみて下さい)

(関連記事)
『ほったらかし投資運用術』の続編を望む
『ほったらかし投資術』の全面改訂版を読む前に

全面改訂の看板に偽りなし!
改訂版が出る際、たいていの場合はもともとの内容を焼回したうえで、差し込むデータを更新したり、時事ネタを入れてみたりといった細工を施した上で出版するといったパターンが多いと感じますが、今回の著書は全面改訂と謳っている通り、(全体的な主張は変わっていないものの)紙面の構成が大幅に変わっており、また個人投資家の興味をひく内容(私の場合はDCの最適運用術)などが盛り込まれているため、前著を読んでいたとしても読み応え十分でした。基本戦略や考え方については間違いなく前著を踏襲した内容になってはいますが、違った角度からインデックス投資について考えることができるようになっています。

著者同士の意見の食い違いが面白い!
共著であってもお互い違う人間なわけですから、細部まで考え方が一致してるわけではありません。生活防衛資金やリバランスの考え方が著者同士で異なっているのが大変興味深く感じました。背負えるリスクや価値観の違いによって取るべき手段、取れる手段が変わってくるわけですから、どちらが正しいということはなく、あくまで参考程度に読み流すのがベターだと思います。私個人の場合でいうと、どちらかというと水瀬さんの考えに近いような気がしました(一般サラリーマンが取れる無難な手段を追及するとどうしてもそうなるという感じ)

勉強になったDCと債券投資のあり方
私は来年からDC投資をしようと考えています(現在は加入資格なし)。基本的な考え方について参考になる部分が大いにありましたので、良かったです。また、債券投資のあり方も本書にならって再検討する可能性が出てきました。来年度からの税制改正(為替差益への課税)を踏まえて、先月から外貨MMFの定率売却を進めていますが、単純に外貨MMF➡MRF➡外債 or 外貨MMF再投資をするかどうか、なんとなくですが疑問を持ち始めていました。今後のアセット戦略をどうするか、何に再投資、リレー投資するのかを慎重に検討したいと思います。この他、NISAや無リスク資産の考え方など、役立つ情報が散らばっています。

1つだけ気になったこと…
前著と比較するとわかるのですが、絵が少ない印象です(表とかグラフとか画像とか…)。これは読んでいる途中で気付きました。裏を返せば、文字量が増えている、説明が詳しくなっているということでしょうか。好みはあると思いますが、私の場合読んでいる途中で集中力がやや途切れがちになりました。。。(>_<) この部分はちょっと気になったので、正直に書いておきたいと思います。

他のブロガーの皆さんが、どのような感想を持つのか楽しみにしています。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. s.ryotaro より:

    こんばんは。
    水瀬さんのブログからとんできました。私も割と早く書評書いたかなあ。と思ったらこちらの記事の方が早く、さすがだな!と思いました。
    ところで、私も絵の少なくなったような気がしていました。すでに、インデックス投資を行っていて、かつ山崎さんや水瀬さんの書籍を読んでいる方は、むしろ文字が多くて、ありがたいと思います。(私も実際たのしかったです!)
    でも、本当に初心者の方が、どう思うかは、興味深いところです。
    S. Ryotaro

  2. nantes より:

    >S. Ryotaro
    発売日当日に有休取って本屋にダッシュしましたw
    だから当日のブログだけ更新時間が昼間に…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。