我が家の生活費統計(2015年上半期)

家計管理/節約

今年上半期の生活費をまとめました。

▼支出記録(2015年上半期)
無題

※税金や社会保険料等は給与支給時に控除済
※通信費は、携帯2台+スマホ2台+ネット(WiMAX)の合計
※小遣いは別会計/妻の小遣いは予算の余りから融通
※医療費や臨時支出については別予算を組んで対応

項目ごとのばらつきはあるものの、どの月も予算内に収まっているのでまずは及第点。家計のやりくりに感謝ですね。通信費の慢性的な予算オーバーが気になりますが、これについては時期が来ればプロバイダのキャッシュバックの恩恵に預かれるので、一気に取り戻せる予定です。

今後気になるのは水道代。家族が増えたので(特に洗濯ものが増えた)、上昇見込みです。これは仕方がない。その分、外食に行ける回数が少なくなるはずなので辻褄があうはず。

我が家は単月決算ではあるものの、項目ごとの赤字黒字には細かくチェックしませんし、たとえ単月赤字になったとしても年間トータルで予算内に収まるよう調整できればOKというスタンスでゆるくやっています。息苦しいのは性に合わないし、完璧を求めても得られる成果は少ないと考えているのでほどほどの頑張りでも満足。

▼生活費の内訳
無題

むしろ問題なのは、家計に締める住居費の高さ!ナント半分は住居費に消えている状態です。利便性を重視して住んでいるのでしょうがないといえばしょうがない。。。この問題の解決には転居しかないのですが、現状には満足しているので、なかなか改善余地が生まれませんね(問題としては認識しています)。

前年・前々年との比較
2014年上半期と2013年上半期の記録も残っているので確認します。

2015年上半期    994,872円
2014年上半期  1,028,999円
2013年上半期  1,055,249円

合計だけを比較しても、年々生活コストは下がっていますね。今年はなんと100万円割れでした。恥ずかしながら予算で組んでいる特別会計がブラックボックスな部分があるので単純に比較はできませんが、消費税が増税された中での数字なので、頑張っていると言えるのかもしれない。ただ、前述の計上されない生活費の部分も結構あるので、透明性は低いです。これについては今後の課題ですね。

我が家は生活防衛資金として生活費の2年分を確保していますが、今の生活コストを継続できるのであれば、実質的な価値は生活費2年半分くらいまで上がります。裏を返せばその分を投資に回してしまったとしても、大丈夫ということになる。もちろんそんなことはしませんが、そういう状況だと理解することは1つの安心につながるので覚えておいて損はないはず。

とりあえず2015年の前半はこんな感じでした。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました