資産状況(2015年9月度)

毎月恒例、ポートフォリオの公表です(2015年9月度)。

今月は世界同時株安の影響をモロに受け、総資産評価額が過去最大に下落しました。下落率ではリーマンショックのほうが上でしたが、当時とは資産規模が違っているので、”額”でみた場合は過去最大でした。

優に100万円以上の下落です。ほぼ定額の労働収入では到底補えないものでした。ただし、投資をしている上ではある意味当たり前の変動(リスク)ですから、それについては何とも思っていません。

▼リスク資産の内訳
無題

ポートフォリオの変動が気になりましたが、結果としては各アセットの比率はほとんど先月から変わっていません。外貨MMFの定期売却を行っているので外債の比率が低下しそれが投資余力に転換されていますが、それだけの話です。ほとんどのアセットが総じて値崩れしている。そんな中、金とプラチナは価格の変動がほとんどなく、分散投資の本領発揮といったところでした。

総資産の減少は2ヵ月連続です。

トンネルの出口がいつになるのか、出口までの距離はどのくらいなのか…それは誰にもわかりませんが、出口の先にはどんな風景が広がっているのかを楽しみにしながら、淡々と運用を続けていきます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。