外貨MMFの定期売却(5回目)

外貨MMF/外貨預金/FX

ID-10074282

税制変更(為替差益の非課税廃止)に伴う対策として、外貨MMFの定額売却を進めています。定期売却は今年の5月から始め、12月を最終月とし、最終月までの残り月数で毎月一定額を売却していく算段です。

関連記事)外貨MMFの定額売却を開始

今回は5回目の売却、これで全8回の計画のうち半分以上は実行しました。

・米ドルMMF  評価額の4分の1相当を売却

私が外貨MMFの運用で利用しているマネックス証券には定期売却サービスがありませんので、月途中で適当に売っています。

なお今月は米ドルのみを売却し、豪ドルは売却していません。理由はこのところの円高豪ドル安で、為替差益が解消されてしまった(差損が発生してしまった)からです。税制変更を見越した場合、為替差益が出ている状態であれば売りの一手ですが、差損の場合は損益通算が可能となるため急いで売る必要はなくなります。現在は損益分岐点をウロウロしている状態なので、次月のある時点で利益が出ていれば売却を再開、損が継続している場合はそのまま様子見…という戦略でいきたいと思います。米ドルについては損が発生する可能性はほぼなさそうなので、このまま売却を進めます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました