SBI証券がNISAもジュニアNISAも取引手数料を無料へ

ID-10040619

SBI証券がNISAもジュニアNISAも取引手数料を無料化するとのことです。
ホームページのプレリリースに情報がアップされています。

NISA
NISA手数料(国内株(売・買)および海外ETF(買)) 恒久無料決定!(2016年分~)

ジュニアNISA
2016年分のジュニアNISA手数料無料!(国内株(売・買)および海外ETF(買))

細かいことを言えば、NISAが2016年以降の手数料を無料化すると謳っているのに対し、JNISAの側はあくまで2016年と期間を限定している点で異なりますが、いずれはどちらも恒久化すると予想します。
我が家も今年子供が生まれたので、さあJNISAか!と行きたいところですが、今のところはおそらく使う予定なしですね。。。夫婦それぞれの成人NISA枠を使い切れていないので、JNISAを活用する理由がほとんどありません(JNISAは引き出し制限があり流動性の面で成人NISAに劣ります)。潤沢な投資資金を確保でき、かつ成人NISAだけでは使い切れない世帯であれば、JNISAはおススメです。

来年から成人NISAの枠は1人120万円。つまり夫婦であれば240万円。この枠を使い切ることができて、かつJNISAの枠まで活用できる世帯はどれだけいるのか…と思ってしまいますが。。。共働き世帯か、節約を頑張っている世帯なら何とかなるかな…まぁうちはムリですね!!(笑)確定拠出年金を使える世帯はそちらを優先しましょう。単純に所得控除の恩恵がある分、NISAよりも有利です。

このニュース、投資家としては嬉しいことに違いありませんし、他の証券会社にも恒常化の流れが波及することを期待したいころです。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. コヤマン より:

    初めましして。
    コヤマンといいます。
    私も来年の5月に子供が生まれる予定なので、JNISAを検討したのですが最長20年間非課税で運用できるのは捨てがたいです。
    自分としてはいずれ学費としてかかるお金なのだから、子供にお金のかからないこの5年間で制度をフルに使い、運用がうまくいかなった時のために6歳以降はコツコツと学費用に2〜3万円づつ積み立てをするつもりです。
    大学進学の頃に運用がうまくいっていれればラッキー。(別にそれに使う義務もない(^_^;;)
    しかも20年間非課税!!
    流動性が悪いのもこの場合はメリットです。本当にいざとなれば換金できるわけですから。

  2. nantes より:

    >コヤマンさん
    お子さん誕生楽しみですね!おめでとうございます。
    流動性と非課税優遇は天秤にかけると悩みますよね…
    私としては前者のほうが重要だと思っていますが、今後の状況や運用の額に
    よって考え方が変わってくるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。