公約から抜け落ちた年少扶養控除の復活

ID-100373846

子育て世帯を中心に、年少扶養控除の復活を求める声には強いものがあります。私もそれを望んでいますが、しかしその可能性は極めて低いと言わざるをえない。

年少扶養控除の廃止とは?
年少扶養控除は16歳未満の子供を扶養している家庭の税を軽減する措置。子ども手当を創設するための財源としてH21年度に廃止された。その後、子ども手当が廃止され児童手当に戻ったものの、控除は復活せず。

なぜ復活の可能性が低いのか?

こちらのページから政権与党(自民党)の公約を確認することができます。1つ1つのパンフレットを読み込んでいけばわかりますが、平成24年を最後に政権は年少扶養控除の復活には触れていません。

・第46回衆議院議員選挙(平成24年度) 年少扶養控除の復活が明記
・第23回参議院議員選挙(平成25年度) 年少扶養控除の記載なし
・第47回衆議院議員選挙(平成26年度) 年少扶養控除の記載なし

民主党から政権を奪還した直後は復活を約束していたものの、その後は公約を撤回&変更しています。財源がない、子育て世帯以外の理解を得られない、配偶者控除の見直しなど他に優先すべき税制改革がある…など、理由はいろいろありそうですが、公約に存在しない以上やる気はなと考えるべきでしょう。

一応、次の選挙公約にも注目する予定ですが、期待はしないでおきます。。。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方は
こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。