年末調整の還付金を事前に計算しておこう

いよいよ師走に突入…ということで、年末調整で戻ってくる還付金の事前計算を行いました。
去年も同じことをやっています。

始めに1年間で得た収入と支払った所得税、社会保険料などを集計し(12月分は未確定なので予想値)、そのあとに年末調整で控除した項目を整理します。それを計算ツールを載せるだけ。

例によって使用するツールは所得税・住民税簡易計算機です。これが一番わかりやすい。最近になってふるさと納税の上限額についても自動計算されるようになり、ますます便利に。

1000円単位を丸めてざっくりと計算すると、こんな感じになりました。

無題

あらかじめの天引額が135000円であるのに対し、確定する所得税は109500円。差額の25500円が還付される金額ということになります。

個人的な感想。。。配偶者控除の支援があるのでもう少し還付されると思ったんですが、そうでもないという印象ですね。ただ、収入が多い方は累進課税でより多くの税を負担しているわけですし、我が家は児童手当の恩恵も受けているので、文句は言えません。

ここから医療費控除や寄付金控除(ふるさと納税)などを確定申告で追加申請することで、どこまで税負担を減らすことができるかというところが、今後の興味です。

…にしても、仮に住宅を保有していてローン控除を使えるとしたら、残債によってはこれらの税をすべて取り戻せる可能性もあるわけですよね。。。景気対策とはいえ歪んでるなぁ(ウラヤマシイ)

上記のツールを使えば簡単に計算できるので、興味がある方は試してみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。