12月給与と年末調整と冬季賞与

仕事/給与/福利厚生

ID-100301141

12月給与、年末調整還付金、冬のボーナスが一挙に支給されました。
私にとっては年に1度の最大収入期です。

額面 972,124円 控除 199,048円  手取り 773,076円

※給与/還付金/賞与の合算額
※控除に天引貯蓄を含む

給与については、最近それなりに忙しくて、残業やら休日出勤をしたのでその分の手当が上乗せされていました。

年末調整(所得税の還付金)については、ほぼほぼ事前にシミュレーションしていたとおりの金額でした。ただしまだ調整しきれていない医療費控除や寄付金控除が残っています。油断せず、そして面倒がらずに確定申告を実施し、余計な税金は1円でも多く還付してもらえるよう節税に努めます。

ボーナスについては個人成績が良かったので、当初から決まっていた組合との妥結額(基本額)に成績率に応じたプラスアルファが加算され、自分としてはまずまずなのではないかと思える支給額となりました。ニュースに取り上げられているような決算好調の大企業のようにはいきませんが、こういうものは上を見たらきりがないですし、今の時代もらえるだけでもありがたいと思わないといけません。

私の場合、ボーナスはいつ消えるかわからない当てにできないものと考えているので、あらかじめ生活設計には組み込んでいません。実際にボーナス制度がない会社で働いたこともありますし、制度がある会社であってもあのリーマンショックの際は個人成績に関係なく一気に半減したものです。なので当てにするほうがどうかしてる。同じ理由で退職金、定昇、残業代、企業年金なども計算に入れていません(もらえればラッキーくらいに考えるのがちょうどいい)

あらかじめ生活設計に組み込んでいないので、ボーナス払いの負債もなければ、ボーナスが出たら買おうと思っている物もありません。そもそもそんなに物欲もありませんので、普段と変わらず普通に生活をするだけです。貰った日は特別であったとしても、次の日からは変わり映えのない日常に戻る。おカネとはこのくらいドライに付き合うほうが健康的だと思っています。

今月は例月よりも額が大きいので、使いみちをいつも以上に吟味しました。 

・定額の生活費        175,000円
・小遣い(自分)          50,000円
・小遣い(妻)            50,000円
・年末年始費用として     30,000円 
・引越費用引当金として   98,000円
・残り(貯金・投資)      400,000円

生活費はいつもの月と変わらず定額ですが、年末年始は何かと費用がかさむと見込んで別予算として確保。そして、それぞれに特別おこづかい(使途自由)。引越費用引当金ですが、来年引越しをする可能性があるので、そのときの費用としてケアしています。金額は約10万円としていますが、我が家の荷物の量からするとそこまではかからないでしょう。余ったら家電を買う際にでも利用します。そして残りは全部貯金。

いつもと同じように直敵的な消費部分が少なく保守的な面が否めませんが、近いうちに不動産関係で大きな出費をする可能性があるので、できるだけキャッシュは厚くしておこうと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

  1. エル より:

    プラスアルファの支給良かったですね。
    私ごとですが、ブログを移転しました。お手数ですが、リンク先の変更をお願いします。leveraged1.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました