高いのは税金ではなく社会保険料

税金/年金/保険

ID-100262361

税金が高い!という愚痴は友人からも周りからもよく聞きますが、私のような一般の庶民についていえば、実はたいした税金を払っていません。これは税制をちょっとかじっただけでも理解できます。

事実、私の年収は500万円くらいですが、払っている税金はこんな感じです。

・所得税 年間10万円程度
・住民税 年間18万円程度
・消費税 年間10万円程度 

他、酒税なんかの細かい税金を払ったとしても年間40万もないでしょう。全体の1割以下です。サラリーマンであれば事業税はかからないし、持家でなければ固定資産税も都市計画税もかからない。持家であったとしても、ローン控除の額によっては、それ以上のものが戻ってきます。

オマケに今年から児童手当をいただけるようになったので、年間18万円がバック。計算上は住民税分がタダになりました。NISA、確定拠出年金、ふるさと納税など、節税テクもオンパレード。私は今後住宅ローンを抱える予定ですが、ローン控除と各種の節税テクを併用すれば、所得税もゼロ、住民税も半減できると算段を立てています。独身でタバコも酒も自動車も!となれば、痛税感は出てくるかもしれないですけど。。。

だけど本当に高いのは、税金ではなく社会保険料です。こっちのほうがタチが悪い。

まずもって、節税の手段がほとんどない。

働けない状態であったり極端な低収入であれば猶予やら減免やらの措置がありますが、普通に働いていればごっそりと2割近くは持っていかれます。そして税金と違って毎年のように負担率は上昇するので、やっかい。1度の法律改正で何度も値上げを合法的にしてしまうという…官僚は頭がいいですね。たかだか3%上げるだけで紛糾していた消費税に比べると、その差は歴然。

払い込んだ社会保険料は全額所得控除の対象になるので税額は軽減されますが、保険料自体は安くも何ともならない。年金はともかく、健康保険は完全に掛け捨てなので、健康に不安がない人であれば単純に損です。

現行法では、H29年度で社会保険料の上昇に歯止めがかかることになっていますが、少子高齢化が解消されたという話は聞きませんし、むしろより深刻になっていくはずです。この話、本気で思っている国民は相当少ないでしょうね。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. ふぁ〜 より:

    年収500で所得税10万って… どんだけばかなの? 税率20%だから100万だぞ? ちゃんと勉強して 全然まちがってるよ? あなたwww

  2. nantes より:

    >ふぁ〜さん
    それは課税される所得金額に対する税率ですね。
    当然、年収=所得ではないので、その指摘は間違っています。

  3. ふぁ〜〜〜 より:

    いつもROM専ですが、これはコメントせざるを得ない・・・
    ふぁ〜さん面白すぎでしょ(≧∇≦)
    鋭いブーメランお見事です👏
    ふぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(^○^)

  4. ふぁ〜! より:

    年収が低いんじゃないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました