資産状況(2016年1月度)

ポートフォリオ

今年も毎月10日前後に、その月の資産状況(ポートフォリオ)を報告していきます。

なお今月から、資産管理の方法を2点見直しました。

1.資産構成は3本立てとする

いままでは、「リスク資産」「無リスク資産」の2つの区分しかありませんでしたが、これに「生活防衛資産」の項目を加えて、3本立てで管理することにしました。これにより無リスク資産の一部であった生活防衛資金は、別に管理することにします。現在、生活防衛資産は生活費の2年分を確保しています。

2.投資余力は無リスク資産として管理

今までのリスク資産は6アセット(投資余力/日本株式/日本債券/外国株式/外国債券/その他)に分けて管理していましたが、このうち「投資余力」の資金については扱いを無リスク資産に変更します。投資準備資金については、わずかに元本割れの可能性があるMRFではなく、主に住信SBIネット銀行のハイブリッド預金で用意することになったためです。

さて今月のポートフォリオ(リスク資産)です。
無題

年末にも公表したばかりなのでほとんど変化がないように見えますが、年初からの株価続落の影響からか、相対的に”金”、”プラチナ”の存在感が増しています。

リスク資産のうち国内資産は3分の1、残り3分の2が海外資産です。また8割はインデックスファンドで運用している状態です。無リスク資産については、普通預金、定期預金のほか会社の財形貯蓄を活用しています。生活防衛資産については、全額が個人向け国債(変動10年)での運用となっています。これについてはこの水準で十分と思っていて、買い増すつもりはありません。

今年は年初から波乱含みの展開で、いろいろと動きがある年になるかもしれません。常に現実を直視し(かといって振り回されることもなく)、落ちついて行動していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました