電力自由化については外野から見物するしかない

家計管理/節約

ID-10039683

今春から家庭向けの電力自由化が始まるということで、関心がある人が盛り上がっています。

私も興味は持っているのですが、そもそも集合住宅(組合一括管理)に住んでいる家庭は恩恵なし。さらに、他の家庭と比較して節電に努めている家庭にもほとんど恩恵はなし…というのが、仕組みを一通り確認した中で思った感想です。

プランにもよると思うのですが、現時点で、世帯単位で1万円以上かつ年間で10万円以上の料金を払っていないと恩恵には預かれないでしょう。それ以下の家庭はストレートな恩恵を感じないと思います

我が家の電気代は月5000円がいいところですし、現在の住まいも引越し先も集合住宅。管理組合が何らかの決断をしない限り、いままでどおり地域の供給会社(東京電力)からの受電となります。つまり様子見が濃厚なので、競争原理がうまく働いて東電が少しでも経営努力(割安な料金プランの提供)をしてくれることを期待するしかありません。今のところは目立った値下げの動きはありませんが、Tポイントとの提携を予定しているなどまずまずな展開です。今後、他社がシェアを伸ばすようになってくれば、対抗措置を取ってくるかもしれません。

住まいの環境から外野からの見物となりそうですが、どういう展開になるか楽しみではあります。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました