理想の住まいをさがす旅(25)住宅ローンの審査通過

不動産/住宅購入

ID-100314088

住信SBIネット銀行に審査を申し込んでいた住宅ローンですが、無事に本審査を通過しました。
大丈夫だとは思っていましたが、やっぱりちょっとほっとします。

住宅ローンの検討経緯はこちら
理想の住まいをさがす旅(19)住宅ローンの検討(前編)
理想の住まいをさがす旅(20)住宅ローンの検討(後編)

ネット系銀行は審査に時間がかかるとの噂を聞いていたのですが、仮審査の申し込みから本審査の通過までにかかった時間は2週間でした。私は住宅ローン審査は初めての体験だったので他行のことはよくわかりませんが、思っていたほど時間がかからなかったというのが率直な印象です。追加で資料を提出するような手間もありませんでしたし、確認の連絡や会社への在籍確認があったわけでもありません。ある意味拍子抜けでした。

はっきりとしたことは言えませんがもしかしたらこの辺が提携ローンの恩恵なのかもしれません。不動産業者への事務手数料が発生してしまいますが、直接申し込む場合よりも金利が優遇されていますので、長い目で見れば選択肢としてはアリだと思います。

いくつかローンの詳細についてわからないことがあったのでカスタマーセンターに質問してみましたが、こちらについても特に問題はありませんでした。「窓口で直接相談できないのがデメリットですよ」と某銀行からアドバイスされたことがありましたが、今のところはそのデメリットを感じません。

日銀が史上初のマイナス金利の導入を決定したというニュースが騒ぎになっていますので、ローンを締結するタイミングとしては悪くないように思えます(とくに固定金利)。そしてローンというとどうしてもマイナスなイメージを持ってしまいますが、住宅ローンという代物は政府の後方支援が強力なのでそうとも言い切れない。このままの金利水準が続く保証は全くないわけですが、仮にいまの状態が続くとなるとローン控除(1%)のほうが大きくなるので、急いで返す必要がないローンということになってしまいます。(ただしこれは全額を変動金利で調達している人のことであって、私のようにミックスローン採用者は該当しません)

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました