生活防衛資金は2段構えが万全

預金/定期/国債/MRF

2016年に入ってから相場は波乱含みの展開が続いていますが、こんな時に精神安定剤の役割を果たしてくれるのが、生活防衛資金です。これがあるのとないのとでは大違い。

生活防衛資金についてはいろいろな定義が存在しますが、私の場合は「何が起こった時でも当面の生活を維持していくための虎の子のおカネ」という意味合いで使っています。

さて、私の生活防衛資金は下図のとおり2段構成になっています。1つは生活を維持するための「生活継続資金」、そしてもう1つが「生活再建資金」です。

無題

「生活継続資金」は、当面の生活を維持するためのもの。私の場合は生活費の2年分を確保しています。いざというときに極端な節約に走らなくても、とりあえず生活を維持できる。

「生活再建資金」は、上の「生活継続資金」に20%をかけたものを設定しています。これは生活を元に戻すためにかかるプラスαの費用を補填するためのもの。仮住まい費用(災害)/再就職費用(リストラ)/減収補填(ケガ・入院)などを想定しています。毎月の生活費に少しの余裕というイメージ。

個人的な考えでは、ただ漠然と生活防衛資金を準備するよりも。このように目的にあわせて2段構えにするのが万全だと思います。

あまり備えすぎるのも資金効率の面でどうかと思いますが、自分なりの最低限のラインを考えて準備を進めることをお勧めします。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. 2020 より:

    nantes氏の生活継続資金の金額はいくらですか?
    勉強のためご教示いただければ幸甚です。

  2. nantes より:

    >2020年さん
    生活防衛資金の総額は、(月間生活費 × 1.2 × 24か月) です。
    月間生活費については毎年見直すので、金額は変動します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました