コンビニがあればプリンタはいらない

ID-10073689

コンビニが近くにある…という前提が必要ですが、もしそうであるならばプリンタは家にいりませんね。。。

自宅でSOHOをしているとか、自宅に仕事を持ち帰るような人であれば別かも知れませんが、使用頻度が少ないライトユーザーであれば、コンビニにあるコピー機で事足りるという印象です。

最近のコンビニは当然のようにマルチコピー機を導入しており、SDカード、USB、赤外線通信、ネット通信などたいていのメディアには対応しています。操作性も各社とも似たような感じなのですぐに慣れます。

月に10枚ほど白黒で A4 サイズで印刷する場合、セブン・イレブンなら月に100円。

ここで以下のように条件を仮定してみる。

・ランニングコスト 1枚3円(月30円)
・プリンタ本体 15.000円

月のランニングコストは自前のプリンタのほうが70円ほど安いですが、15,000円の投資額(本体)を回収できるのは約18年後です。月20枚印刷したとしても9年。かなり使い込んで月50枚の場合は3年半。

ただし自前のプリンタの場合、実際にはこれに加えて、用紙代、インク代、電気代がかかりますので、1枚当たりの印刷費はもっと高くなるでしょう。設置するスペースも必要になります。

月10枚の印刷だと回収には18年。他の費用も含めると20年以上。。。

20年間、途中で故障したり劣化したりすることはないのか?
20年間、メーカーがメンテナンスに対応するのか?

こういうことを考えてしまうと、わざわざ買う意味ってほとんどないような気がします。

唯一のメリットとしては、いちいちコンビニに足を向ける必要がなくなるので時間の節約にはなることくらいかな…人によっては案外大きいことかもしれないので許容できない人は購入したほうがトクでしょう。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. 年1回 確定申告の時にしかプリンタの印刷を使わないので、
    プリンタの故障をきっかけにコンビニプリントです。
    不自由はないですよ

  2. nantes より:

    >おひげ☆ぼーぼーさん
    使用頻度が少ないのであれば、ありですよね。
    私もまったく、不自由を感じません。

  3. 肝心なこと より:

    コンビニサービスは、ネット銀行の無料ATMもそうですが、ついで買いをしたらダメだと
    いうことです。飲まなくていいコーヒーやビール。買わなくていい雑誌。
    どうせ買うつもりだったからと割高商品を買ってしまいます。
    この誘惑に何があってものらない覚悟が必要です。
    調べてみればわかりますが、おそらく、月1銀行ATMの時間外料金108円×12回の方が
    たまに買い物してしまって、年間1500円以上支出するよりも得だと思います。
    なぜ、コンビニがいろいろなサービスをするかを考えてください。
    店内に呼び込むためです。

  4. nantes より:

    >肝心なことさん
    確かにそうかもしれませんね。
    コピー機にしてもATMにしても仕掛けの一種だと思います。
    誘惑に勝てないような人間は利用すべきでないかもしれません。
    私はコンビニが好きなので、利用してしまいますが。。。

  5. 肝心なこと より:

    いえいえ。でも、コンビニは確かに便利なんです。
    実際は、手数料がかかる銀行とコンビニでは、ちょっと遠くても車で出かけて20円くらいは
    かかっています。現金は盗難リスクリスクを除くと、10000円は額面通り使えますが、
    預貯金は車で少しでも寄り道すれば9995円くらいにはなります。
    自分にとって便利に現金化すればいいのかなと思います。
    考えさせられる話題提供をありがとうどざいました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。