住宅ローンの返済が重いが強制貯蓄効果で打開したい

不動産/住宅購入

ID-100284994

 

 

 

 

 

 

 

今月のお給料が支給されました。

総支給 321,864

控除   104,427

手取り  217,437

定期昇給がありましたが、住宅手当が消滅したので実質アップはほとんどゼロです。
これはそういう決まりなのでしょうがない。

そして来るべき住宅ローンの1回目の支払額が113,849円。
これの引き落としがかかると残りは10万円ですね…

初月なので端数調整で高くなっているのですが、一方でこの金額に管理費と修繕費は含まれていないので、今後の支払額も同じような感じです(ちなみにうちのマンションは管理費の支払いが入居3か月後からスタートします)

手取りの半分以上を住宅費で持っていかれる状態。
決して真似をしてはいけませんw

住宅ローンにボーナス返済を組み入れていないのでそのタイミングで一息つけるとは思っていますが、それでもしばらくは綱渡りの状況が続きそうです。資産形成のために積立投資や財形は継続しますが、例えば支出が重なるイベントが発生してしまった場合は、それどころではなくなってしまいます。

このくらいの縛りがあったほうが、逆に節度ある生活ができるという意味ではよいのかもしれない!そう考えて開き直るしかありません(笑)今後はよく言われる住宅ローンの強制貯蓄効果に期待することにします。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました