NHKスペシャル (天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る)を観て思ったこと

時事/雑感

ID-100191611

 

 

 

 

 

 

 

NHKスペシャル(天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る)をリアルタイムで視聴しました。

急速に進化する人工知能に対して人類がどう向き合っていけばいいのか、その進化の過程、限りない可能性と危険性に迫るという内容でした。最近のNHKスペシャルの中では特に内容が素晴らしかった。

囲碁もチェスも世界王者が敗れる時代です。将棋だって極めて劣勢です。これからの人工知能の進化を考えると、勝敗を争うようなゲームにおいては、優劣が付くのは時間の問題というような気もしました。

番組を観て思ったのが、やはり資産運用の話。これからの人工知能の進化が、究極のテクニカル分析を実装して必勝の株式投資法を発見する可能性もゼロとは言えないのではないでしょうか。過去の膨大な取引情報を記録させ、株式に影響を与える統計情報を分析し、市場の感情すら予測できるようになれば、決して絵空事とは思えません。人工知能にとってはランダムウォークが、規則的に見えてしまうかもしれません。

もちろん一時的な必勝法を編み出したとしても他の人工知能が即座に学習することになるので、優位は続きません。今以上の超効率的な市場が誕生し、アナリストやストラテジストがお役御免になる可能性もあります。

今現在についてだけいえば、ロボットに自動売買させるファンドやソフトの成果はイマイチです。他のアクティブファンドとの明確な優劣はないでしょう。ただし、今後はどうなるか全くわかりません。ただ1つだけ言えることは、たとえ人工知能が進化して優秀なファンドが生まれても、たとえ超効率的市場が誕生しても、それの平均成果を出し続けるインデックスファンドは、相変わらず無難かつ合理的な投資法として生き残ということです。

人工知能について、記憶力や計算力は半端ないが思考や感情はないと考えるのは、完全に時代遅れの発送なようです…機械ではなく人間にしかわからないこと!は、数十年後になくなっているかもしれません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました