人はイザというときに合理的な行動を取れない

ID-100267574

関東地方で地震が発生しました。読んでいる方の中にも揺れを感じた人も多いかと思います。
私のところは震度4でしたが、ゆっくりとした横揺れを感じました。

特に被害はなかったわけですが、イザというときには合理的な行動をとれないもんだな…と痛感しました。

どういうことか?

揺れを感じると同時に私がとった行動は、スマホと携帯から鳴り響いている緊急地震速報のアラームを消すという行為でした。合計4台あるのでとにかくうるさい…ちょうどテレビを見ていたので、音が不快でしょうがなかったんです。ようやく寝かしつけた子供も起きてしまう!という考えも浮かびました。

でもよくよく考えてみると、音を消すよりも前にやらなければいけないことがあるんじゃないかと…
たとえばこういうこと。

・身の安全(とくに子供!)を確保する

・転倒しそうな家具を支える

・火元を消す

震度4程度では、物が落ちたりガラスが割れるといった被害はありません。でもこれは結果論であって、次もそうとは限らない。アラームなんて後から消せばいいし、ほっといたら勝手に消えます。なのにとっさの行動では無意識にそっちを優先してしまいました。

人はイザというときに合理的な行動を取れない

こういう部分については、それこそ訓練が必要だということですね。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。