契約アンペアを40Aから30Aに変更

家計管理/節約

ID-100207235

 

 

 

 

 

 

 

電気料金のアンペア契約数を40Aから30Aに変更しました。

アンペア数によって基本料金が変わってくるので、ランニングコストが変わってきます。両者の差は月額280円ですが、消費税も加味すると300円程度違ってきます。

月額300円ですから、年額で3,600円。こういう地味な倹約はあとあとかなり効いてくる。

参考までに、先月の電気料金は3,535円でした。エアコンを使わない時期なのでそもそもの使用量が少なかった他、燃料調整費割引額が500円近くあるなど、去年と比較すると1,000円も下がっておりだいぶ助かりました。

75㎡の拠出スペースを30Aで賄えるのか…という疑問もありますが、おそらく大丈夫だと思ってます。最近の家電は省エネ化が進んでいますし、基本的にはリビングに固まって過ごしているので。さすがにオール電化住宅であれば厳しいでしょうが、我が家はガス併用です。

頻繁にブレーカーが落ちるようであれば折を見て元に戻すだけ。
変更の手間がかかるだけで、何のリスクもありません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました