ジュニアNISAが普及しない単純な理由

ID-10077807

NISAにくらべてジュニアNISAは普及が遅れているようですね。

我が家もまだ口座開設していません。

18歳になるまで引き出しができないなど、使い勝手がわるいのが理由だと言われています。確かにそれもそうでしょうが、我が家の場合は単純にジュニアNISAまで回すお金がありません。こういった家庭は多いのではないでしょうか?

制度の使い勝手や節税効果を吟味すると、検討する制度・金融商品は下記のような優先順位になると思います。

確定拠出型年金 > NISA > ジュニアNISA

確定拠出年金は来年度からほぼ全世帯が加入対象になるので、我が家も拠出を検討しています。年金に数十万円、NISAに120万円(夫婦で240万円)を拠出すると、もう残りの投資余力はありません。

年収が500万円だとして、手取りが400万円、年金とNISAで150万円、生活費が250万円?一馬力だったらこのくらいが限界ですかね。。。夫婦分のNISAを使う余裕やジュニアNISAに回す余裕はありません。

ジュニアNISAは現役世帯のため…というよりも、潤沢な金融資産がある祖父母世代からの贈与という側面が強いのだと思います。祖父母に金融資産がない場合や、あったとしても住宅購入のための贈与を優先する家庭も多いかと思うので、それに加えてジュニアNISA(教育費名目?)も…というのは、よほど余裕のある家庭でないと難しいのかな…と。

ジュニアNISAの普及が思うようにいかないのは、制度不良や告知不足、使う側の無理解もあるかと思いますが、単純に口座を作っても活用できない家庭が多いからだと思ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。